月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初挑戦で輝いた23歳・星岳 初マラソン日本最高&初代王者に/大阪・びわ湖毎日統合マラソン


◇第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会(2月27日/大阪)

終盤の若手同士の激しいつばぜり合いを制したのは、初マラソンの社会人ルーキー・星岳(コニカミノルタ)だった。

38km過ぎ、1学年上の山下一貴(三菱重工)、浦野雄平(富士通)を突き放し、大会「初代王者」となるフィニッシュテープを切った。タイムも初マラソン日本最高となる2時間7分31秒。びわ湖毎日マラソンのラストレースだった昨年の大会で作田将希(JR東日本)が出した従来の記録(2時間7分42秒)を11秒塗り替えた。

「初マラソンだけど、しっかり前のほうで勝負できると思っていた。でも、優勝は考えていなかった。ちょっとでき過ぎかなと思うぐらいだけど、うれしい」

14の橋を渡り、5つの折り返し、カーブも多数という難コースながら1km3分前後の好ペースでレースが推移。その中で星は「30kmまでは集団の人数も多かったけど、でも勝負はラストになると思っていた」と落ち着いていた。

優勝争いの人数が徐々に絞られ、1時間45分38秒で通過した35km付近からは山下、浦野との三つ巴の争いに。それでも、「きつさを感じたけど、そこは後ろに下がって引っ張ってもらって回復できた」。虎視眈々と、冷静に走り続けたことが、勝負所に生きた。

宮城・明成高、帝京大出身の23歳。大学時代は箱根駅伝に3度出走し、2年時は10区で区間賞、3,4年時には2区を走った。4年時にはキャプテンも務めている。

トラックでは10000mの自己ベストが28分14秒12と目立った成績はないが、ロードで力を発揮してきた選手。実業団入りしてからも、正月のニューイヤー駅伝でエース区間4区を早くも担うなど、着実に力をつけてきた。

オレゴン世界選手権代表選考のポイントとなる派遣設定記録(2時間7分53秒)を突破し、パリ五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップの出場権も手にした。

「今後もマラソン中心に上を見てがんばっていきたい」。その名のように、自分が輝く舞台をしっかりと見据え、さらなる飛躍を目指していく。

■大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会 男子上位成績
1位 星  岳(コニカミノルタ) 2.07.31=初マラソン日本最高
2位 山下一貴(三菱重工) 2.07.42
3位 浦野雄平(富士通) 2.07.52=初マラソン歴代4位
4位 丸山文裕(旭化成) 2.07.55
5位 岡本直己(中国電力) 2.08.04=37歳日本最高
6位 今井正人(トヨタ自動車九州) 2.08.12
7位 山本憲二(マツダ) 2.08.38
8位 武田凜太郎(ヤクルト) 2.08.48
9位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2.08.49
10位 村本一樹(住友電工) 2.08.50

■初マラソン日本歴代10傑
2.07.31 星  岳(コニカミノルタ)NEW
2.07.42 作田将希(JR東日本)
2.07.47 西山雄介(トヨタ自動車)
2.07.52 浦野雄平(富士通)NEW
2.07.54 足羽純実(Honda)
2.08.10 山下一貴(三菱重工)
2.08.12 藤原正和(中大)
2.08.13 土井大輔(黒崎播磨)
2.08.30 吉田祐也(青学大)
2.08.30 古賀淳紫(安川電機)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com