月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初代王者は星岳!!初マラソン日本最高の2時間7分31秒/大阪・びわ湖統合マラソン

第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会は2月27日、大阪市の大阪府庁前をスタート、大阪城公園内にフィニッシュする42.195kmで行われ、38km過ぎに抜け出した帝京大卒のルーキー・星岳(コニカミノルタ)が初マラソン日本最高となる2時間7分31秒で初代王者に輝いた。

社会人2年目の山下一貴(三菱重工)と浦野雄平(富士通)がともに2時間7分台で2、3位。山下は2時間7分42秒、浦野は初マラソン日本歴代4位の2時間7分52秒をマークした。

4位の丸山文裕(旭化成)も自己新の2時間7分55秒。5位の岡本直己(中国電力)が37歳日本最高の2時間8分04秒、6位には同じ37歳の今井正人(トヨタ自動車九州)が2時間8分12秒が入った。この上位6人と、9位ながら2時間8分49秒で2本平均で資格をクリアした川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)までがパリ五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ出場権を獲得した。

今大会は日本最古のマラソンだったびわ湖毎日が昨年で最後を迎え、同大会発祥の地で行われている大阪マラソンと統合。その第1回大会で、御堂筋や道頓堀など大阪市内を巡るコースで開催された。

大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会 男子上位成績
1位 星  岳(コニカミノルタ) 2.07.31=初マラソン日本最高
2位 山下一貴(三菱重工) 2.07.42
3位 浦野雄平(富士通) 2.07.52=初マラソン歴代4位
4位 丸山文裕(旭化成) 2.07.55
5位 岡本直己(中国電力) 2.08.04=37歳日本最高
6位 今井正人(トヨタ自動車九州) 2.08.12
7位 山本憲二(マツダ) 2.08.38
8位 武田凜太郎(ヤクルト) 2.08.48
9位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保) 2.08.49
10位 村本一樹(住友電工) 2.08.50

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com