月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ジャスティン・ガトリンが引退 2度のドーピング違反も男子スプリントで一時代築く


2004年アテネ五輪の男子100m金メダリストのジャスティン・ガトリン(米国)が10日、自身のSNSで引退を表明した。

この日、40歳の誕生日を迎えたガトリンはインスタグラムで「Dear Track(トラックへ)」というタイトルで投稿し、「『トラック』その名前を知った時から、私の人生は大きく変わった。あなたは私に悲しみと喜びの涙をくれた、そして決して忘れられない教訓も教えてくれた」と引退にあたり自身の気持ちを綴った。

高校時代に110mハードルの選手として活躍していたガトリンは、スプリンターとしての能力を見いだされ、テネシー大進学後は100m、200mで頭角を現した。

2004年アテネ五輪では100mで9秒85の自己新で金メダルに輝くと、200mで銅メダル、4×100mリレーでも銀メダルを獲得。05年のヘルシンキ世界選手権では100m、200mのスプリント2冠にも輝いた。35歳で迎えた17年のロンドン世界選手権100mでは世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)を抑えて優勝するなど、ベテランとなってからもトップスプリンターとして永く活躍した。

しかし、ガトリンはドーピング違反で2度出場停止を受けるなど、そのキャリアには暗い影もつきまとった。06年には5月に9秒77の世界タイ記録をマークしたが、2ヵ月後に体内から禁止薬物のテストステロンが検出され、記録が抹消された上、4年間の出場停止処分を受けている。10年に復帰した後は、当時スプリント界の王者として君臨していたボルトと熱戦を繰り広げ、15年には100mで9秒74、200m19秒57の自己記録をマークしたものの、欧州での競技会ではレース後に観客からブーイングを受けることもあった。

ガトリンは日本のレースにもたびたび出場し、東京五輪出場を目指した昨季も5月に行われた「READY STEADY TOKYO」では10秒24で国内のトップ選手を抑えて優勝している。しかし、6月の全米五輪選考会では決勝のレース中に脚を痛めて8位に終わり、五輪出場を逃していた。五輪、世界選手権で獲得したメダルはリレーを含めると金5、銀8、銅2。数々の栄光と挫折を繰り返したスプリンターがトラックに別れを告げた。

■ジャスティン・ガトリンの五輪、世界選手権成績
04年五輪    100m金、200m銅、4×100mR銀
05年世界選手権 100m金、200m金
11年世界選手権 100m準決勝、4×100mR途中棄権
12年五輪    100m銅、4×100mR失格
13年世界選手権 100m銀、4×100mR銀
15年世界選手権 100m銀、200m銀、4×100mR失格
16年五輪    100m銀、200m準決勝、4×100mR失格
17年世界選手権 100m金、4×100mR銀
19年世界選手権 100m銀、4×100mR金

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com