月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が4月10日の「シーズンイン岩国」にエントリー 800mで日本記録更新にも意欲


4月10日に山口県岩国市で行われる「シーズンイン岩国2022」の招待選手が発表され、女子800mには東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機TC)がエントリーした。

「シーズンイン岩国」はコロナ禍で各地の競技会が中止となるなか、地方で小学生からトップ選手までが参加できる競技会の開催を目指し、2021年からスタートした大会。短時間で行う新しいかたちの陸上競技の大会として、100m~5000mと実施種目を限定して行われる。

田中は昨年8月の東京五輪後も積極的にレースに出場。インタビューでは「2022年はいろいろなチャレンジ自体を楽しむ年にしたい」と話し、「1500mで世界選手権でのメダルを狙えるくらいのタイム、3分55秒前後にいかに近づけるかを目標にしたい。800mのスピードも必要だと思うので、2分を切るところにも挑戦する」と日本記録(2分00秒45)の更新にも意欲を見せている。

女子800mには田中以外にも日本選手権優勝経験のある陣内綾子(メモリード)や昨年の日本学生個人選手権優勝の山口真実(九州共立大)らが招待された。

■シーズンイン岩国2022招待選手
女子800m
田中希実(豊田自動織機TC)
陣内綾子(メモリード)
山口真実(九州共立大学)
石塚晴子(LAWSON)
武藤桃花(立教大学)
有廣璃々香(東大阪大学)
下森美咲(北九州市立高校)
江藤杏梨(北九州市立高校)
女子3000m
大宅楓(大東建託パートナーズ)
男子800m
仲井真タイ剣人(関東学院大学)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com