月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

林田洋翔がV!3位まで日本歴代8位タイの同タイム接戦制す 駒大・山野が日本人学生最高/実業団ハーフ男子


◇第50回全日本実業団ハーフマラソン(2月13日/山口)

全日本実業団ハーフマラソンが2月13日に行われ、林田洋翔(三菱重工)が優勝した。2位の中山顕(Honda)、3位の田村友佑(黒崎播磨)と同タイム。1時間0分38秒は日本歴代8位タイにランクインする。

林田は長崎出身の20歳。桜が原中時代に3000mで当時の中学記録を樹立。瓊浦高を経て、大学進学せずに三菱重工へ加入し、着実に力をつけ今年正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では3区区間新(区間3位)の好走でチームの4位に貢献している。

また、他競技会の中止にともなって特別措置で参加した学生税も好記録。山野力(駒大)が1時間0分40秒をマークし、村山謙太(当時・駒大)が14年に樹立した日本人学生最高の1時間0分50秒を塗り替えた。さらに、山本歩夢(國學院大)、松山和希(東洋大)も1時間0分43秒で従来の日本人学生最高を上回る日本人学生歴代2位タイ。

■実業団ハーフマラソン男子の上位成績
1位 林田洋翔(三菱重工)1.00.38
2位 中山顕(Honda)1.00.38
3位 田村友佑(黒崎播磨)1.00.38
4位 山野力(駒大)1.00.40
5位 西山和弥(トヨタ自動車)1.00.41
6位 今井崇人(旭化成)1.00.42
7位 荻久保寛也(ヤクルト)1.00.43
8位 山本歩夢(國學院大)1.00.43

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com