月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大前祐介氏が早大競走部監督に就任「早稲田のリーダーに」OBで200mU20日本記録保持者

2月1日付で早稲田大学競走部の新監督に大前祐介氏が就任したことがHPで発表された。

大前氏は1982年生まれの39歳。東京・本郷高から早大に進学し、卒業後は富士通で競技を続けた。200mが得意で、高校時代には世界ジュニア選手権に出場。早大1年時には、今も残るU20日本記録の20秒29をマークした。

現役引退後はドーム、ニューバランスに勤務。ドームではジェネラルマネージャー、パフォーマンスコーチ・スピードコーチを歴任。2020年度からは早大競走部の短距離コーチを務めていた。

大前氏はHPを通じ、「現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたい。早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。そんな人材育成・教育をして参ります」と決意を語っている。

2005年より監督を務めた礒繁雄氏は「新たな指導体制および部員指導に補助的に関わる予定」だとしている。

早大競走部は大正3年(1914年)に創部。三段跳でオリンピック日本人初の金メダル獲得となった織田幹雄をはじめ、西田修平、南部忠平らが名門への礎を築いた。箱根駅伝にも第1回大会から出場。その後も種目を問わず日本陸上界の名選手を次々と輩出し、昨年の東京五輪にはOBの大迫傑がマラソンで、現役では400mハードルの山内大夢、4×400mリレーの伊東利来也が出場している。

■大前氏のコメント全文
「早稲田大学競走部12代目の監督となります、大前祐介と申します。
私自身も、大学3年の時から指導を受けておりました礒監督からのバトンタッチとなります。私自身は教職員ではなく外部からの招聘となりますので、今までとは違った視点で学生とともにチームを作り上げていきたいと考えております。
早稲田アスリートプログラム(WAP)にもありますように、『高いレベルで文武両道を実践する学生アスリートを育成し、社会を支えるグローバルリーダーを輩出すること』この根幹は変わりませんが、現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたいと考えております。
早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。
そんな人材育成・教育をして参ります。
今後ともご声援・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com