HOME 国内、大学

2022.02.01

大前祐介氏が早大競走部監督に就任「早稲田のリーダーに」OBで200mU20日本記録保持者
大前祐介氏が早大競走部監督に就任「早稲田のリーダーに」OBで200mU20日本記録保持者

2月1日付で早稲田大学競走部の新監督に大前祐介氏が就任したことがHPで発表された。

大前氏は1982年生まれの39歳。東京・本郷高から早大に進学し、卒業後は富士通で競技を続けた。200mが得意で、高校時代には世界ジュニア選手権に出場。早大1年時には、今も残るU20日本記録の20秒29をマークした。

現役引退後はドーム、ニューバランスに勤務。ドームではジェネラルマネージャー、パフォーマンスコーチ・スピードコーチを歴任。2020年度からは早大競走部の短距離コーチを務めていた。

大前氏はHPを通じ、「現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたい。早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。そんな人材育成・教育をして参ります」と決意を語っている。

2005年より監督を務めた礒繁雄氏は「新たな指導体制および部員指導に補助的に関わる予定」だとしている。

早大競走部は大正3年(1914年)に創部。三段跳でオリンピック日本人初の金メダル獲得となった織田幹雄をはじめ、西田修平、南部忠平らが名門への礎を築いた。箱根駅伝にも第1回大会から出場。その後も種目を問わず日本陸上界の名選手を次々と輩出し、昨年の東京五輪にはOBの大迫傑がマラソンで、現役では400mハードルの山内大夢、4×400mリレーの伊東利来也が出場している。

■大前氏のコメント全文
「早稲田大学競走部12代目の監督となります、大前祐介と申します。
私自身も、大学3年の時から指導を受けておりました礒監督からのバトンタッチとなります。私自身は教職員ではなく外部からの招聘となりますので、今までとは違った視点で学生とともにチームを作り上げていきたいと考えております。
早稲田アスリートプログラム(WAP)にもありますように、『高いレベルで文武両道を実践する学生アスリートを育成し、社会を支えるグローバルリーダーを輩出すること』この根幹は変わりませんが、現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたいと考えております。
早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。
そんな人材育成・教育をして参ります。
今後ともご声援・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします」

2月1日付で早稲田大学競走部の新監督に大前祐介氏が就任したことがHPで発表された。 大前氏は1982年生まれの39歳。東京・本郷高から早大に進学し、卒業後は富士通で競技を続けた。200mが得意で、高校時代には世界ジュニア選手権に出場。早大1年時には、今も残るU20日本記録の20秒29をマークした。 現役引退後はドーム、ニューバランスに勤務。ドームではジェネラルマネージャー、パフォーマンスコーチ・スピードコーチを歴任。2020年度からは早大競走部の短距離コーチを務めていた。 大前氏はHPを通じ、「現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたい。早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。そんな人材育成・教育をして参ります」と決意を語っている。 2005年より監督を務めた礒繁雄氏は「新たな指導体制および部員指導に補助的に関わる予定」だとしている。 早大競走部は大正3年(1914年)に創部。三段跳でオリンピック日本人初の金メダル獲得となった織田幹雄をはじめ、西田修平、南部忠平らが名門への礎を築いた。箱根駅伝にも第1回大会から出場。その後も種目を問わず日本陸上界の名選手を次々と輩出し、昨年の東京五輪にはOBの大迫傑がマラソンで、現役では400mハードルの山内大夢、4×400mリレーの伊東利来也が出場している。 ■大前氏のコメント全文 「早稲田大学競走部12代目の監督となります、大前祐介と申します。 私自身も、大学3年の時から指導を受けておりました礒監督からのバトンタッチとなります。私自身は教職員ではなく外部からの招聘となりますので、今までとは違った視点で学生とともにチームを作り上げていきたいと考えております。 早稲田アスリートプログラム(WAP)にもありますように、『高いレベルで文武両道を実践する学生アスリートを育成し、社会を支えるグローバルリーダーを輩出すること』この根幹は変わりませんが、現代の社会に合った行動をとることのできる柔軟な思考・行動ができる学生を育成・教育できるよう、一社会人としての経験を存分に発揮していきたいと考えております。 早稲田大学競走部が早稲田のリーダーになり、そして社会においてもリーダーになる。 そんな人材育成・教育をして参ります。 今後ともご声援・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top