月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大迫傑氏が北海道マラソンのスペシャルアンバサダーに就任 「五輪で走ったことで、かけがえのない場所に」


東京五輪男子マラソン6位入賞の大迫傑氏が代表取締役を務める株式会社Iは31日、同氏が北海道マラソンスペシャルアンバサダーに就任したことを発表した。札幌で行われた東京五輪の経験を活かし、北海道マラソンを盛り上げるさまざまな活動を通じて、株式会社Iの企業の理念である「地元ファースト」を実現するべく、思い出の地となった札幌でのマラソン文化の発展を目指す。今年の北海道マラソンは8月28日(日)に開催される予定で、コースは東京オリンピックのコースを取り入れたものに変更される予定。大迫氏は「東京オリンピックで走ったことをきっかけにとてもかけがえのない場所となりました。思い出の地となった札幌で皆さんにお会いできることを楽しみにしています」とコメントしている。

また、子どもたちの夢の実現をサポートするために、 トレーニング方法や夢への最短距離の進み方などを伝えるワークショップ「Sugar Elite KIDs」のシーズン2の開催も発表され、大迫氏の地元である町田市からスタートすることが決まった。

■大迫傑氏コメント
北海道の気候風土は、私がトレーニングしてきたオレゴン州ポートランドに似ていて、ランナーとしての自分にとっても馴染みやすい土地でした。東京オリンピック2020で走ったことをきっかけに、とてもかけがえのない場所となりました。一歩一歩踏み出すごとに伝わってくる地面の感覚、刻々と変わっていく景色。走っていると頭の中はどんどんクリアになっていきます。自分と対話する充実した時間を過ごすことができるのもマラソンの醍醐味です。マラソンは、靴一足あれば誰でも始められるシンプルな競技です。速さは関係ありません。いざ走り出してみると、見慣れた街並みがいつもと違った表情を見せてくれます。十二分に感染対策を行いつつ、一緒に走り出してみませんか? 思い出の地となった札幌で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com