月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子は世羅高出身のムッソーニが優勝、男子はメラクが連覇/WAクロカン・ツアー・ゴールド

1月30日、世界陸連(WA)のクロスカントリーツアー・ゴールドラベルの大会がサン・ヴィットーレ・オローナ(イタリア)で開催され、女子(6.2km)では日本の世羅高(広島)出身のテレシア・ムッソーニ(ダイソー、ケニア)が19分40秒で優勝した。

ムッソーニは世羅高3年時の全国高校駅伝5区(5km)で驚異的な区間新記録(14分37秒)を樹立して8位からの逆転優勝を演出。高校卒業後は日本の実業団であるダイソーに所属し、昨年はU20世界選手権のケニア代表として3000mを制していた。

男子(10.2km)ではN.メラク(エチオピア)が28分33秒で2連覇。2位は昨年のU20世界選手権5000m銅メダルの18歳・L.キベット(ケニア)が28分35秒、3位は同大会3000m優勝の20歳・T.ワルク(エチオピア)が28分36秒で続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com