月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

資格停止処分明けのコールマンが60mでV、測定不備でクルーザーの世界新は幻/WA室内ツアーゴールド


世界陸連(WA)室内ツアーのゴールドラベル第2戦・ミルローズゲームスが1月29日、米国・ニューヨークで行われ、男子60mでC.コールマン(米国)が6秒49で優勝した。

2019年のドーハ世界選手権男子100mで金メダルを獲得したコールマンは、室内60mの世界記録(6秒34/18年)保持者。ドーピング検査の居場所情報規則違反で20年5月から21年11月までの18ヵ月、資格停止処分を受けており、今回は20年2月以来となる主要大会出場だった。

2位は昨年100mで世界歴代6位タイの9秒76をマークしたT.ブロメル(米国)で、コールマンとは0.01秒差の6秒50。R.ベイカー(米国)が6秒54で3位となり、N.ライルズ(米国)が6秒62で4位と続いた。

男子1マイルはO.ホーア(豪州)が3分50秒83でオセアニア室内記録で制覇。また、この種目では38歳のN.ウィリス(ニュージーランド)が3分59秒71(9位)をマークし、史上初めて20年連続で3分台をマークした選手となった。ウィリスは1500mで08年北京五輪銀メダル、16年リオ五輪銅メダルを獲得している。これまで室内の1500mと5000mのエリアレコードホルダーで、室内1マイルでもオセアニア記録を保持していたが、この日ホーアによって破られた。

女子3000mはM.モンソン(米国)が大会新の8分31秒62でV。女子棒高跳は16年リオ五輪銀のS.モリス(米国)が4m75で制した。

なお、男子砲丸投は測定に不備があり、試技がすべて無効。室内世界記録の22m82を持つR.クルーザー(米国)が世界記録を上回る23m38をプットしたとアナウンスされたが、その後に取り消され、幻の世界新となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com