月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本短距離界の「女王」福島千里が現役引退を発表、セイコー スマイルアンバサダーに就任

現役引退を発表した福島千里(セイコー)。右はセイコーホールディングス株式会社代表取締役会長兼グループCEO兼グループCCOの服部真二氏(セイコー提供)

 

女子100m、200mの日本記録保持者・福島千里(セイコー)が1月29日にオンラインで会見を行い、現役引退と「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」就任を発表した。

小学校ではスピードスケートと陸上を両立し、中学からは陸上一本に絞ってスプリンターとして全国の舞台で活躍した。高校を卒業後、北海道ハイテクACに入って2年目の2008年に大ブレイク。100mで春に当時日本タイ記録の11秒36をマークすると、北京五輪に同種目日本人女子56年ぶり出場を果たした。

その後は日本女子スプリントの歴史を次々と塗り替えていく。09年のベルリン世界選手権では100mで世界大会の日本人女子77年ぶりのラウンド突破となる2次予選進出。翌年のアジア大会では100m、200mの2冠に輝くと、11年テグ世界選手権では100m、200mでいずれも日本人女子初の準決勝進出という快挙を成し遂げている。

五輪には12年ロンドン、16年リオまで3大会連続、世界選手権は再び100mでセミファイナリストとなった15年北京まで4大会連続で出場している。日本選手権では、100mは08年を皮切りに8度の優勝、200mはセイコー入社1年目の18年に2年ぶり8回目の頂点に輝いたほか、11年~16年には6年連続2冠の偉業も達成した。

自己ベストの100m11秒21(10年)、200m22秒88(16年)はいずれも日本記録で、日本人女子で100m11秒2台、200m22秒台を出した選手はいまだに福島ただ1人。偉大なスプリンターが、静かにスパイクを脱いだ。


福島千里コメント(原文)
この度、現役を引退することを決めました。これまで支えてくださった、指導者の方、トレーナーさん、家族、友人、チームメイト、会社の方々、スポンサーさん、ライバルのみんな、そして応援してくださったすべての方々に感謝申し上げます。

小学4年生から陸上競技を始め、昨年で23年の時が経ちました。夢であった五輪に3度出場することができました。4度目となる東京五輪を目指す数年間は苦しいシーズンもありましたが、日々、新しい感覚との出会いや、課題と向き合い、充実した競技生活を送ることができました。

今後も陸上競技を通して様々な活動を行っていきたいと思います。走るということはたくさんのスポーツに関わることなので、競技の枠を越え、私自身が今まで培ってきた経験などで次世代のアスリートのお役にたてるとうれしいです。

競技生活は終わりますが、これから始まるセカンドキャリアも私らしく走っていきたいと思います。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

◎プロフィール
1988年6月27日生まれ、33歳。北海道・糠内中→帯広南商高→北海道ハイテクAC→セイコー
●自己ベスト
100m 11秒21(2010年)=日本記録
200m 22秒89(2016年)=日本記録
●日本記録樹立
100m 11秒36(08年/タイ)→11秒28(09年)→11秒24(同)→11秒21(10年)
200m 23秒14(09年)→23秒00(同)→22秒89(10年)→22秒88(16年)
●国際大会成績
05年 世界ユース100m準決・200m準決
06年 世界ジュニア100m準決
08年 五輪100m1次予選
09年 世界選手権100m2次予選・200m予選、アジア選手権100m①
10年 アジア大会100m①・200m①
11年 世界選手権100m準決勝・200m準決勝、アジア選手権200m①
12年 五輪100m予選・200m予選、世界室内60m準決
13年 世界選手権200m予選、アジア選手権100m②・200m④
14年 アジア大会100m②・200m③
15年 世界選手権100m準決勝・200m予選、アジア選手権100m①
16年 五輪100m欠場・200m予選
18年 アジア大会100m予選・200m棄権
19年 アジア選手権100m準決勝

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com