月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子リレー日本記録保持者・北風沙織氏が北翔大監督に就任「北海道から世界に」

2007年大阪世界選手権女子4×100mリレー代表の北風沙織氏が自身のSNSで1月から母校・北翔大の監督になったことを発表した。

北風氏は女子100mで全中、インターハイ、日本インカレなど主要大会を制し、2008年には当時日本歴代5位(現7位)の11秒42をマークしているスプリンター。女子4×100mリレーでは抜群の加速を武器に日本代表の1走を努め、09年に43秒58の日本新、11年にも現在まで残る43秒39の日本記録に貢献した。

16年に一度現役を引退したものの、長男を出産後、19年に現役復帰。同年は34歳ながら11秒台を記録するなど息の長い選手として活躍した。

20年には恩師である中村宏之氏の後を継いで北海道ハイテクACの監督に就任したものの、21年4月からはマスターズ陸上へ向けたクラブチーム「北海道ブレーメンズ陸上部」を設立していた。

北風は母校の監督就任について自身のSNSを通じ「まだまだまだ、未熟者ですが1人でも多く学生が自己ベスト更新、インカレ出場、インカレ入賞、そして北海道から世界に羽ばたいていけるようにサポートしていきたいと思います」と意気込みを綴っている。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com