月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

選抜女子駅伝北九州大会が2年ぶり開催 一般はデンソー、高校は筑紫女学園がV!


2大会連続Vを飾ったデンソー(松田杏奈/昨年のクイーンズ駅伝)

第33回選抜女子駅伝北九州大会が1月23日、北九州市の小倉城歴史の道をスタート・フィニッシュとする27.2㎞(一般5区間、高校6区間)で行われ、一般の部はデンソーが2大会連続で制し、高校の部は筑紫女学園(福岡)が26年ぶりの優勝を飾った。

昨年はコロナ禍の影響で中止となり、「2年分の情熱で」をキャッチコピーに開催。一般の部は昨年11月末の全日本実業団対抗女子駅伝3位のデンソーが3区でトップに立ち、1時間28分56秒でそのまま逃げ切った。44秒差で2位にユニバーサルエンターテインメント、3位はさらに2秒差で九電工が続いた。

大学女子駅伝で4年連続2冠の名城大4年生トリオと、田中希実と後藤夢の豊田自動織機TCコンビで編成された名城大・豊田自動織機TC連合がオープン参加し、最終区で田中がデンソーを逆転する区間賞の力走を見せ、1時間28分05秒のトップでフィニッシュした。

高校の部は、1区トップで主導権を握った筑紫女学園が、2区でいったん譲った首位の座を3区で奪回してそのまま1時間28分51秒で逃げ切りV。昨年末の全国高校駅伝には県大会で敗れて出場できなかったが、都大路2位の薫英女学院(大阪)に46秒差をつけ、1996年以来5度目の栄冠を手にした。3位は須磨学園(兵庫)だった。

■一般の部成績
1位 デンソー 1時間28分56秒
2位 ユニバーサルエンターテインメント 1時間29分40秒
3位 九電工 1時間29分42秒
4位 京セラ 1時間30分42秒
5位 TOTO 1時間31分08秒
6位 肥後銀行 1時間33分35秒
7位 北九州市一般選抜 1時間34分32秒
8位 コモディイイダ 1時間34分36秒
OP名城大・豊田自動織機TC連合 1時間28分05秒

■高校の部成績
1位 筑紫女学園(福岡) 1時間28分51秒
2位 薫英女学院(大阪) 1時間29分37秒
3位 須磨学園(兵庫) 1時間31分09秒
4位 千原台(熊本) 1時間31分16秒
5位 立命館宇治(京都) 1時間31分30秒
6位 北九州市立(福岡) 1時間32分33秒
7位 山田(高知) 1時間34分04秒
8位 鳳凰(鹿児島) 1時間36分47秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com