月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前回3位の東洋大・宮下隼人が3年連続5区!松山和希2区、石田洸介は補欠登録/箱根駅伝区間エントリー


来年の1月2日、3日に行われる第98回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。

前回3位の東洋大は、主将の宮下隼人(4年)が3年連続で山上りの5区に登録された。前々回は区間新記録で区間賞を獲得しており、今回は現コースでは初となる1時間10分切りをターゲットとしている。

エースが集う「花の2区」は前回同様に松山和希(2年)がスタンバイ。スーパールーキーの石田洸介(1年)は補欠エントリーとなり、順当なら当日変更で往路に入る見込みだ。1区には出雲駅伝で務めた児玉悠輔(3年)が登録。九嶋恵舜(2年)は前回同様に6区にエントリーされた。

前々回は連続3位以内が「11年」でストップしたが、前回は3位で伝統を取り戻した東洋大。当日変更でどのようなオーダーを並べてくるだろうか。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。正選手と補欠の入れ替えは6人が可能で、往路・復路それぞれ1日最大4人まで変更できる。なお、区間の入れ替えはできない。

●東洋大
20年連続80回目
前回3位、出雲3位、全日本10位
●区間エントリー
1区 児玉 悠輔(3年/東北高・宮城)
2区 松山 和希(2年/学法石川高・福島)
3区 大沼  翼(3年/東海大山形高・山形)
4区 木本 大地(3年/東洋大牛久高・茨城)
5区 宮下 隼人(4年/富士河口湖高・山梨)主将
6区 九嶋 恵舜(2年/小林高・宮崎)
7区 梅崎  蓮(1年/宇和島東高・愛媛)
8区 蝦夷森章太(4年/愛知高・愛知)
9区 柏  優吾(3年/豊川高・愛知)
10区 吉田  周(1年/広島国際学院高・広島)
・補欠
清野 太雅(3年/喜多方高・福島)
前田 義弘(3年/東洋大牛久高・茨城)
奥山  輝(2年/浦和実高・埼玉)
佐藤 真優(2年/東洋大牛久高・茨城)
村上 太一(2年/北見緑陵高・北海道)
石田 洸介(1年/東農大二高・群馬)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com