HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.29

王座奪還期す青学大は近藤幸太郎が2区!飯田貴之、岸本大紀、佐藤一世は補欠登録/箱根駅伝区間エントリー
王座奪還期す青学大は近藤幸太郎が2区!飯田貴之、岸本大紀、佐藤一世は補欠登録/箱根駅伝区間エントリー


来年の1月2日、3日に行われる第98回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。

前々回覇者で前回4位の青学大は、エースの近藤幸太郎(3年)が2区に登録された。全日本大学駅伝の7区で激しいバトルを繰り広げた駒大・田澤廉(3年)との再戦が期待される。3年連続で区間2位(8区、5区、9区)と好走している飯田貴之(4年)、前々回2区で快走した岸本大紀(3年)、全日本5区区間賞の佐藤一世(2年)は補欠登録となり、当日変更でどこに入るのか注目が集まる。

前回6区3位と好走した高橋勇輝(4年)は順当に6区にエントリー。復路は7区に宮坂大器(3年)、8区に西久保遼(3年)と長い距離を得意とする選手が並ぶ。

前回は往路で区間ふたケタ順位を3区間で出すなど安定せず、至近10大会ではワーストの往路12位と出遅れが響いた。今大会は確実に序盤から上位争いを繰り広げ、学生長距離界随一の選手層で2年ぶりの総合優勝をつかみに行く。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。正選手と補欠の入れ替えは6人が可能で、往路・復路それぞれ1日最大4人まで変更できる。なお、区間の入れ替えはできない。

●青学大
14年連続27回目
前回4位、出雲2位、全日本2位
●区間エントリー
1区 湯原 慶吾(4年/水戸工高・茨城)
2区 近藤幸太郎(3年/豊川工高・愛知)
3区 太田 蒼生(1年/大牟田高・福岡)
4区 関口 雄大(3年/豊川高・愛知)
5区 若林 宏樹(1年/洛南高・京都)
6区 高橋 勇輝(4年/長野日大高・長野)
7区 宮坂 大器(3年/埼玉栄高・埼玉)
8区 西久保 遼(3年/鳥栖工高・佐賀)
9区 中村 唯翔(3年/流経大柏高・千葉)
10区 中倉 啓敦(3年/愛知高・愛知)
・補欠
飯田 貴之(4年/八千代松陰高・千葉)主将
岸本 大紀(3年/三条高・新潟)
横田 俊吾(3年/学法石川高・福島)
佐藤 一世(2年/八千代松陰高・千葉)
志貴 勇斗(2年/山形南高・山形)
田中 悠登(1年/敦賀気比高・福井)

来年の1月2日、3日に行われる第98回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。 前々回覇者で前回4位の青学大は、エースの近藤幸太郎(3年)が2区に登録された。全日本大学駅伝の7区で激しいバトルを繰り広げた駒大・田澤廉(3年)との再戦が期待される。3年連続で区間2位(8区、5区、9区)と好走している飯田貴之(4年)、前々回2区で快走した岸本大紀(3年)、全日本5区区間賞の佐藤一世(2年)は補欠登録となり、当日変更でどこに入るのか注目が集まる。 前回6区3位と好走した高橋勇輝(4年)は順当に6区にエントリー。復路は7区に宮坂大器(3年)、8区に西久保遼(3年)と長い距離を得意とする選手が並ぶ。 前回は往路で区間ふたケタ順位を3区間で出すなど安定せず、至近10大会ではワーストの往路12位と出遅れが響いた。今大会は確実に序盤から上位争いを繰り広げ、学生長距離界随一の選手層で2年ぶりの総合優勝をつかみに行く。 1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。正選手と補欠の入れ替えは6人が可能で、往路・復路それぞれ1日最大4人まで変更できる。なお、区間の入れ替えはできない。 ●青学大 14年連続27回目 前回4位、出雲2位、全日本2位 ●区間エントリー 1区 湯原 慶吾(4年/水戸工高・茨城) 2区 近藤幸太郎(3年/豊川工高・愛知) 3区 太田 蒼生(1年/大牟田高・福岡) 4区 関口 雄大(3年/豊川高・愛知) 5区 若林 宏樹(1年/洛南高・京都) 6区 高橋 勇輝(4年/長野日大高・長野) 7区 宮坂 大器(3年/埼玉栄高・埼玉) 8区 西久保 遼(3年/鳥栖工高・佐賀) 9区 中村 唯翔(3年/流経大柏高・千葉) 10区 中倉 啓敦(3年/愛知高・愛知) ・補欠 飯田 貴之(4年/八千代松陰高・千葉)主将 岸本 大紀(3年/三条高・新潟) 横田 俊吾(3年/学法石川高・福島) 佐藤 一世(2年/八千代松陰高・千葉) 志貴 勇斗(2年/山形南高・山形) 田中 悠登(1年/敦賀気比高・福井)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top