月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

鍋島莉奈が日本郵政Gを退部「素晴らしい経験をさせていただいた」17年ロンドン世界選手権代表


女子長距離の鍋島莉奈が日本郵政グループを12月31日をもって退部すると同社HPを通じて発表した。鍋島は同部の主将を務めていた。

鍋島は1993年生まれの28歳。高知出身で、山田高から鹿屋体大を経て16年度に日本郵政グループに入部した。2017年には日本選手権5000mを制し、同年のロンドン世界選手権代表に。18、19年には日本選手権10000mを連覇。その後はケガに苦しみ、19年ドーハ世界選手権は欠場。今年の日本選手権10000mは11位だった。また、11月の全日本実業団対抗女子駅伝は出走していなかった。

鍋島は同社を通じ、「約6年間にわたる在職期間中は、クイーンズ駅伝での初優勝や個人として日本選手権優勝、そして世界選手権日本代表など、選手として育てていただくと共に、素晴らしい経験をさせていただきました」と感謝の言葉をつづった。なお、コメントでは今後について明記されていない。

鍋島莉奈のコメント全文
「2021年12月31日をもちまして日本郵政グループ女子陸上部を退部、日本郵政株式会社を退職することとなりました。在職中は大変お世話になり、ありがとうございました。約6年間にわたる在職期間中は、クイーンズ駅伝での初優勝や個人として日本選手権優勝、そして世界選手権日本代表など、選手として育てていただくと共に、素晴らしい経験をさせていただきました。また約3年間チームキャプテンを務めさせて頂きましたが、頼りない私をサポートしてくれたチームメイトには感謝しかありません。監督をはじめとしたチームスタッフ、チームメイト、そして陸上部の活動を理解し、最高のサポートをしてくださる会社があってこれまで競技が続けられたことを幸せに思います。6年間本当にありがとうございました」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com