HOME 学生長距離

2021.12.27

乃木坂46佐藤楓の「駅伝ちゃんねる」♯5全日本大学駅伝の思い出は眠らない
乃木坂46佐藤楓の「駅伝ちゃんねる」♯5全日本大学駅伝の思い出は眠らない

♯5
「全日本大学駅伝の思い出は眠らない」

広告の下にコンテンツが続きます

乃木坂46のメンバーとして活躍しながら、“駅伝好きアイドル”として『観測史上、最大風速』の注目を集める「でんちゃん」こと、佐藤楓さん。2021-22年大学駅伝シーズンを通して大会の見どころや注目選手など紹介する連載企画もいよいよ終盤を迎えた。来年正月の箱根駅伝を前に、まずは11月7日に行われた全日本大学駅伝についておさらい。箱根駅伝を占う上で大事な一戦。学生たちが日本一を目指し、誰に何を言われようと、自分の力を信じて、ベストを尽くすだけではなく、結果を求めてタスキをつないだ大会を振り返る!

駒大と青学大が史上最小差決着

みなさん、こんにちは! 乃木坂46の佐藤楓です。この時期になるとソワソワしてきます! そうです。いよいよ、来年1月2日、3日に箱根駅伝が開催されます。今回もすごく楽しみにしています。その箱根駅伝を前に、少し時間が経ちましたが、改めて11月に行われた全日本大学駅伝について少しおさらいをしたいと思います。


全日本大学駅伝を振り返ったでんちゃん!

全日本大学駅伝は、駒澤大学が5時間12分58秒で連覇を達成しました。今年も最後まで本当にわからない展開で、最後の最後まで優勝争いがもつれましたね。優勝した駒澤大学と2位・青山学院大学との差は、なんと8秒! 106.8kmも走ってたったの8秒……。ちなみに、これは史上最小差でした。

広告の下にコンテンツが続きます

駒澤大学は7区の田澤廉選手(3年)が区間賞を取って先頭に立ち、花尾恭輔選手(2年)にタスキをつなぎました。青山学院大学の飯田貴之選手(4年)が追いついて、このまま逆転しそうだな……と思ったのですが、最後は花尾選手が突き放したところは強さを感じました。やっぱり、田澤選手からのタスキリレーでは「トップでゴールするんだぞ!」という思いが伝わってきましたね。飯田選手のレース後のすごく悔しそうな表情がとても印象に残っています。

田澤選手に注目が集まりましたが、私は6区の安原太陽選手(2年)が優勝の立役者じゃないかなって思っています。9位で受けたタスキを4位まで上げて田澤選手につなぎました。あそこがポイントになったのではないでしょうか。


駒大・優勝の立役者に選んだのは6区の安原選手

レースを振り返ると、1区では駒澤大学の1年生・佐藤条二選手が、中央大学の吉居大和選手(2年)に競り勝って区間賞でした。そして2区でさすがの走りを見せたのが順天堂大学の三浦龍司選手(2年)。私は1区に入ると予想していたのですが、2区に登場した三浦選手は、すぐに先頭集団に追いつき、途中まで集団走でした。そして最後には圧巻の抜け出し。集団でもスパートでも強くて、やっぱりオリンピアンは別格だなと感動しました。

広告の下にコンテンツが続きます

3区でうれしかったのは岸本大紀選手(青山学院大学3年)の復活。2020年の箱根駅伝以来、1年10ヵ月ぶりの学生駅伝でしたが、区間3位でさすが『駅伝男』を証明しました。順天堂大学が3位。國學院大学は注目していた1年生の平林清澄選手が7区で区間3位、アンカーの伊地知賢造選手(2年)も区間賞と活躍して4位でした。

青学大・岸本選手の復活劇に感動!

全日本で好走した選手が箱根駅伝も注目

全体を通して印象に残ったのが出雲駅伝を制している東京国際大学の強さ。大志田秀次監督の区間配置が絶妙で、留学生のイェゴン・ヴィンセント選手(3年)をアンカーではなく3区に起用。これが的中して流れを作り、6区ではケガの心配が噂された丹所健選手(3年)も区間新記録でした。あれは誤報だったのかな? と思えるほどの力走。結果的に5位でしたが、箱根駅伝が楽しみになるレースでした。

6位の早稲田大学は5区で先頭を走るなど、見せ場を作りました。目を引いたのが井川龍人選手(3年)。2区区間2位タイと本来の力を駅伝で発揮したのは大きな収穫だったのではないでしょうか。出雲駅伝で3位だった東洋大学が10位でシード落ちしたのには衝撃を受けました。それでも、スーパールーキーの石田洸介選手が出雲に続いて区間賞を取ったのはさすがです! 宮下隼人選手(4年)、松山和希選手(2年)はまだまだ復調途上。8区に入った宮下選手が一生懸命に前を追う姿に心打たれました。

9年ぶりに伊勢路に出場した中央大学が10年ぶりにシード権を獲得。久しぶりの出場で存在感を示しました。中央大学、そして明治大学(7位)と、箱根駅伝予選会で上位通過した勢いそのままに戦った印象でした。

広告の下にコンテンツが続きます

全日本大学駅伝でいい走りをした選手は、箱根駅伝でも主要区間を走ることが多いので、「この選手は箱根駅伝であの区間を走りそう」とイメージしながら見ていました。当日はABEMA SPORTSチャンネルで今年もゲスト解説させていただきましたが、ちゃんとできていましたか?

月陸さんの連載では(1)駒澤大学、(2)青山学院大学、(3)東京国際大学、(4)早稲田大学、(5)東洋大学、と予想していました。実はこの予想だと1、2位が的中していたのですが、ABEMA SPORTSチャンネルでは当日のエントリーを見て予想を変えて、外してしまいました! やっぱり予想通りにはいかないのが駅伝です……が、そこが魅力なのです!(笑)

月陸さんの連載、次回が年内最後! 箱根駅伝の私なりの見どころについて紹介していきます。ぜひチェックしてみてください! 恒例のあのコーナーも……?


明日は箱根駅伝の注目ポイントを紹介します!

広告の下にコンテンツが続きます
佐藤 楓(さとう・かえで)/1998年3月23日生まれ。愛知県出身。161cm、A型。愛称はでんちゃん、でんじろう。サイリウムカラーは赤・赤。乃木坂46の3期生として2016年にデビュー。中学、高校とバドミントン部に所属。『帰り道は遠回りしたくなる』で初めて選抜入り。駅伝ファンとして知られ、駅伝関係の仕事も多数こなしている。10周年記念ベストアルバム『Time flies』が発売中。「乃木坂46の10年がぎゅっと詰まった素敵なアルバムです!シングルはデビュー曲から最新曲まで全部入っています。これを聴けば乃木坂46を知り尽くせると思います!」最新情報は公式HPブログインスタグラムをチェック!

構成/向永拓史 撮影/船越陽一郎

乃木坂46佐藤楓の「駅伝ちゃんねる」
♯4もうすぐ~全日本大学駅伝~
♯3出雲と予選会のこと、知ってる?
♯2お互いに支え合って箱根駅伝本戦に行こう
♯1出雲駅伝はテレビ観戦したくなる

♯5 「全日本大学駅伝の思い出は眠らない」 乃木坂46のメンバーとして活躍しながら、“駅伝好きアイドル”として『観測史上、最大風速』の注目を集める「でんちゃん」こと、佐藤楓さん。2021-22年大学駅伝シーズンを通して大会の見どころや注目選手など紹介する連載企画もいよいよ終盤を迎えた。来年正月の箱根駅伝を前に、まずは11月7日に行われた全日本大学駅伝についておさらい。箱根駅伝を占う上で大事な一戦。学生たちが日本一を目指し、誰に何を言われようと、自分の力を信じて、ベストを尽くすだけではなく、結果を求めてタスキをつないだ大会を振り返る!

駒大と青学大が史上最小差決着

みなさん、こんにちは! 乃木坂46の佐藤楓です。この時期になるとソワソワしてきます! そうです。いよいよ、来年1月2日、3日に箱根駅伝が開催されます。今回もすごく楽しみにしています。その箱根駅伝を前に、少し時間が経ちましたが、改めて11月に行われた全日本大学駅伝について少しおさらいをしたいと思います。 全日本大学駅伝を振り返ったでんちゃん! 全日本大学駅伝は、駒澤大学が5時間12分58秒で連覇を達成しました。今年も最後まで本当にわからない展開で、最後の最後まで優勝争いがもつれましたね。優勝した駒澤大学と2位・青山学院大学との差は、なんと8秒! 106.8kmも走ってたったの8秒……。ちなみに、これは史上最小差でした。 駒澤大学は7区の田澤廉選手(3年)が区間賞を取って先頭に立ち、花尾恭輔選手(2年)にタスキをつなぎました。青山学院大学の飯田貴之選手(4年)が追いついて、このまま逆転しそうだな……と思ったのですが、最後は花尾選手が突き放したところは強さを感じました。やっぱり、田澤選手からのタスキリレーでは「トップでゴールするんだぞ!」という思いが伝わってきましたね。飯田選手のレース後のすごく悔しそうな表情がとても印象に残っています。 田澤選手に注目が集まりましたが、私は6区の安原太陽選手(2年)が優勝の立役者じゃないかなって思っています。9位で受けたタスキを4位まで上げて田澤選手につなぎました。あそこがポイントになったのではないでしょうか。 駒大・優勝の立役者に選んだのは6区の安原選手 レースを振り返ると、1区では駒澤大学の1年生・佐藤条二選手が、中央大学の吉居大和選手(2年)に競り勝って区間賞でした。そして2区でさすがの走りを見せたのが順天堂大学の三浦龍司選手(2年)。私は1区に入ると予想していたのですが、2区に登場した三浦選手は、すぐに先頭集団に追いつき、途中まで集団走でした。そして最後には圧巻の抜け出し。集団でもスパートでも強くて、やっぱりオリンピアンは別格だなと感動しました。 3区でうれしかったのは岸本大紀選手(青山学院大学3年)の復活。2020年の箱根駅伝以来、1年10ヵ月ぶりの学生駅伝でしたが、区間3位でさすが『駅伝男』を証明しました。順天堂大学が3位。國學院大学は注目していた1年生の平林清澄選手が7区で区間3位、アンカーの伊地知賢造選手(2年)も区間賞と活躍して4位でした。 青学大・岸本選手の復活劇に感動!

全日本で好走した選手が箱根駅伝も注目

全体を通して印象に残ったのが出雲駅伝を制している東京国際大学の強さ。大志田秀次監督の区間配置が絶妙で、留学生のイェゴン・ヴィンセント選手(3年)をアンカーではなく3区に起用。これが的中して流れを作り、6区ではケガの心配が噂された丹所健選手(3年)も区間新記録でした。あれは誤報だったのかな? と思えるほどの力走。結果的に5位でしたが、箱根駅伝が楽しみになるレースでした。 6位の早稲田大学は5区で先頭を走るなど、見せ場を作りました。目を引いたのが井川龍人選手(3年)。2区区間2位タイと本来の力を駅伝で発揮したのは大きな収穫だったのではないでしょうか。出雲駅伝で3位だった東洋大学が10位でシード落ちしたのには衝撃を受けました。それでも、スーパールーキーの石田洸介選手が出雲に続いて区間賞を取ったのはさすがです! 宮下隼人選手(4年)、松山和希選手(2年)はまだまだ復調途上。8区に入った宮下選手が一生懸命に前を追う姿に心打たれました。 9年ぶりに伊勢路に出場した中央大学が10年ぶりにシード権を獲得。久しぶりの出場で存在感を示しました。中央大学、そして明治大学(7位)と、箱根駅伝予選会で上位通過した勢いそのままに戦った印象でした。 全日本大学駅伝でいい走りをした選手は、箱根駅伝でも主要区間を走ることが多いので、「この選手は箱根駅伝であの区間を走りそう」とイメージしながら見ていました。当日はABEMA SPORTSチャンネルで今年もゲスト解説させていただきましたが、ちゃんとできていましたか? 月陸さんの連載では(1)駒澤大学、(2)青山学院大学、(3)東京国際大学、(4)早稲田大学、(5)東洋大学、と予想していました。実はこの予想だと1、2位が的中していたのですが、ABEMA SPORTSチャンネルでは当日のエントリーを見て予想を変えて、外してしまいました! やっぱり予想通りにはいかないのが駅伝です……が、そこが魅力なのです!(笑) 月陸さんの連載、次回が年内最後! 箱根駅伝の私なりの見どころについて紹介していきます。ぜひチェックしてみてください! 恒例のあのコーナーも……? 明日は箱根駅伝の注目ポイントを紹介します!
佐藤 楓(さとう・かえで)/1998年3月23日生まれ。愛知県出身。161cm、A型。愛称はでんちゃん、でんじろう。サイリウムカラーは赤・赤。乃木坂46の3期生として2016年にデビュー。中学、高校とバドミントン部に所属。『帰り道は遠回りしたくなる』で初めて選抜入り。駅伝ファンとして知られ、駅伝関係の仕事も多数こなしている。10周年記念ベストアルバム『Time flies』が発売中。「乃木坂46の10年がぎゅっと詰まった素敵なアルバムです!シングルはデビュー曲から最新曲まで全部入っています。これを聴けば乃木坂46を知り尽くせると思います!」最新情報は公式HPブログインスタグラムをチェック!
構成/向永拓史 撮影/船越陽一郎 乃木坂46佐藤楓の「駅伝ちゃんねる」 ♯4もうすぐ~全日本大学駅伝~ ♯3出雲と予選会のこと、知ってる? ♯2お互いに支え合って箱根駅伝本戦に行こう ♯1出雲駅伝はテレビ観戦したくなる

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top