月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

五輪4大会連続出場の福士加代子が引退へ「毎日いろいろありすぎておもしろい競技生活でした」


女子長距離でオリンピックに4大会連続で出場した39歳の福士加代子(ワコール)が12月22日、来年1月の2レースを最後に第一線を退くことを所属先を通じて発表した。

1982年3月生まれで、青森・五所川原工高から2000年にワコールに入社。01年に3000m、5000m、10000mの3種目でジュニア日本新記録を打ち立てて頭角を現した。

02年の日本選手権で5000mと10000mで2冠を獲得。同年10月の釜山アジア大会では、5000mでは自身が7月にマークした日本記録を0.02秒更新する14分55秒19をマーク。10000mでは日本歴代2位の30分51秒81でいずれも銀メダルを手にした。

初の五輪代表となった04年のアテネ大会では10000mに出場。故障を押しての出場で26位に終わったが、その後も08年北京(5000mと10000m)、12年ロンドン(5000mと10000m)に出場するなど、トラック種目で日本女子長距離界を牽引した。

初マラソンは08年の大阪国際で、この時は終盤にスタミナ切れを起こして失敗。4度目の挑戦となった13年の大阪国際で2位(後に優勝者のドーピング違反で繰り上げ優勝)に入り、同年のモスクワ世界選手権代表に選ばれた。本番では日本勢2大会ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。

16年の大阪国際では優勝を果たし、リオ五輪代表に選出。4回目の五輪は14位だった。

30代後半を迎えてからも第一線で活躍。19年の名古屋ウィメンズで日本人2番目の8位に入り、東京五輪マラソン代表を決める同年9月のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)にも出場した。代表こそ勝ち取ることはできなかったが7位に入っている。

20年11月の全日本実業団対抗女子駅伝では「駅伝ラストラン」として、アンカー(6区)で区間2位と好走。21年も5月の日本選手権10000mに出場した。

福士は「ワコール陸上部員として22年間。私は、走ることに夢中になりました。毎日いろいろありすぎておもしろい競技生活でした」と振り返る。

残りのレースは1月16日の全国都道府県対抗女子駅伝(京都)と1月30日の大阪ハーフマラソン。「あと2つのレース、今までと変わらず全力で楽しんでいきたい」。最後までその走りに目が離せない。

●福士がチームの公式サイトに寄せたメッセージ(全文)
「来たる2022年1月30日(日)大阪ハーフマラソンを最後に一線を退くことをここに報告いたします。
ワコール陸上部員として22年間。私は、走ることに夢中になりましたっ!!
社員の皆さんを始め、たくさんの人との出会いのおかげで毎日刺激をもらい、触れ合い、じゃれ合い、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい叫んで…。本当、毎日いろいろありすぎておもしろい競技生活でした!!。
これまで、たっくさんの応援、ご支援をしていただき本当に感謝しております。どうもありがとうございましたっ!!
あと2つのレース、今までと変わらず全力で楽しんできたいと思いますので、福士加代子をまた応援して下さい。よろしくお願い致します。」

◎福士加代子/1982年3月25日生まれ。39歳。青森県出身。五所川原工高→ワコール。
自己ベスト
3000m8分44秒40(02年)=日本歴代2位
5000m14分53秒22(05年)=日本歴代2位
10000m30分51秒81(02年)=日本歴代4位
マラソン2時間22分17秒(16年)=日本歴代10位
オリンピック:04年アテネ、08年北京、12年ロンドン、16年リオ
世界選手権:03年パリ、05年ヘルシンキ、07年大阪、09年ベルリン、13年モスクワ

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com