月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/100mH寺田明日香、青木益未が躍動!「12秒台」が標準に


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

「12秒台」がスタンダードに

一気に歴史が動いた感のある男女スプリントハードル。今年生まれた日本記録のうち、実に5個がこの種目だった。

女子100mハードルで、日本人初の12秒台をマークしたのが寺田明日香(当時・パソナグループ、現・ジャパンクリエイト)だった。元々、世界選手権に出場するトップハードラーだった寺田は、13年に一度は陸上から離れている。

その後、結婚・出産を経て7人制ラグビーに参戦。そして2019年に復帰するやいなや、8月に日本タイ記録の13秒00、9月に12秒97まで記録を塗り替えた。

その寺田の勢いが今季はさらに増す。4月の織田記念で12秒96(+1.6)と自身の日本記録を0.01秒更新。さらに6月1日の木南記念の予選で12秒87(+0.6)をマークした。決勝で12秒89(+0.3)と、あれほど日本人にとって壁だった12秒台が“当たり前”にまで引き上げている。

これに食らいついたのが青木益未(七十七銀行)で、木南記念から5日後の布勢スプリントで、寺田の日本記録に並ぶ12秒87(+1.8)を叩き出した。

青木は岡山・創志学園高1年時にインターハイ100mを制すほど、将来を期待された「スプリンター」の一人だった。高3から本格的にハードルに取り組みはじめ、実業団1年目の2017年に13秒1台まで成長。9月には100mで11秒60をマークするなど、スピードにもさらに磨きがかかった。

ここ10年は、木村文子(エディオン)と紫村仁美(東邦銀行)が世界大会に進むなど牽引してきた。東京五輪にはその木村と、寺田、青木の3人が出場。寺田は準決勝に進出した。

男子同様、進化が止まらないスプリントハードル。来年はオレゴン世界選手権の参加標準記録12秒84の複数人突破なるか!?

◇女子100mH日本歴代10傑
12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021.6. 1
12.87 1.8 青木 益未(七十七銀行)   2021. 6. 6
13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)   2000. 7.16
13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設) 2021. 6. 6
13.02 1.4 池田久美子(スズキ)     2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)    2013. 6. 8
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)   2013. 6. 8
13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設) 2006.10.22
13.13 0.5 福部 真子(日本建設工業)  2019. 9. 1
13.13 2.0 清山ちさと(いちご)     2020. 7. 18

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com