月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

洛南高・佐藤圭汰は箱根王者・駒大へ!1500m、3000m、5000m高校記録保持者のホープ


佐藤圭汰(洛南高3京都)が来春、駒大へ進学することが関係者への取材でわかった。入試を終え、12月中旬以降に正式に合格発表がされたという。

佐藤は京都・蜂ケ岡中時代に全中1500m3位、3000m決勝進出、ジュニア五輪1500m優勝など実績を残した。桐生祥秀(日本生命)や三浦龍司(順大)らを輩出した名門・洛南高でさらに力をつけ、2年時から注目を集める存在に。1500m3分47秒61(高2歴代3位)、5000m13分53秒36(当時高2歴代7位)をマークすると、全国高校駅伝では3区で日本人トップの区間5位で、3位と留学生を除く高校最高記録(2時間2分07秒)に貢献した。

今季はさらに飛躍を遂げ、7月に1500mで3分37秒18の高校記録、日本歴代3位をマークすると、10月には5000mで石田洸介(東洋大)が昨年作った高校記録を塗り替える13分31秒19を叩き出した。11月には3000mでも7分50秒81の高校最高記録。記録だけなく、日本選手権ではシニアに交じって1500mで5位、インターハイでは1500m優勝、5000mで日本人トップの4位になるなど勝負強さある。身長183cmの身体を生かしたストライドとスピードが武器で、大きな注目集める。佐藤擁する洛南高は今週末の全国高校駅伝(京都)にも出場する。

駒大は3大駅伝で通算最多優勝を誇る名門で、名将・大八木弘明監督のもと今年正月の箱根駅伝では13年ぶりの総合優勝を果たし、今年11月の全日本大学駅伝でも連覇を達成している。

■佐藤圭汰
2004年1月22日生まれ
1500m3分37秒18=高校記録、日本歴代3位、U20日本記録、U18日本記録
3000m7分50秒81=高校最高、U20日本歴代2位、U18日本記録
5000m13分31秒19=高校記録、U20日本歴代3位、U18日本記録

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com