HOME 国内

2021.12.17

桐生祥秀が小学生からのインタビューにずばり回答「いろんなスポーツをやるのが一番」
桐生祥秀が小学生からのインタビューにずばり回答「いろんなスポーツをやるのが一番」

アシックスは12月16日、アスリートのすごさや身体を動かす楽しさを伝えるイベント「アシックス未来チャレンジキャンペーン キッズレポーターコースオンラインイベント」を開催。東京五輪代表の桐生祥秀(日本生命)が5人の小学生たちと交流した。

まずは、「僕も普段のウォーミングアップでやっているトレーニングです」と身体のバランスを取るトレーニングを4種目、動きの説明をしながら一緒に取り組んだ。

片脚を上げたままバンザイの姿勢を10秒キープするトレーニングでは、「難しい」と苦戦する子供たちに、「できないことにチャレンジすることが大切」と伝えた。

その後、5人の小学生が「キッズレポーター」として、桐生に1人3問程度ずつインタビュー。小学校時代にサッカーをやっていた桐生に対して、「なぜサッカーを続けずに陸上を始めたのですか?」とぶつけられると、「もともと、僕はいろんなスポーツをやりたかった。4つ上に兄が陸上をやっていたので、僕もやってみようと思った」とスプリンター・桐生の始まりを話した。

「今の子供たちにがんばってほしいことは?」という鋭い質問には、「僕らの時代はSNSがなくて、どんな練習をしたらいいのかはなかなかわからなかった。今はビックリするほどの情報量があるので、それを自分でキャッチしにいくこと。自分で選ぶことはすごく難しいことだけど、それが大切です」と答えた。

「好きなスポーツを見つけるにはどうしたらいいですか?」という質問には、「やっぱり、いろんなことをやること。習い事でなくても、友達と全部のスポーツをやってみるというのが一番じゃないかな。やってみないと、自分に何が合っているかわからないので」。

また、「どうやったらそんなに足が速くなれますか?」という走ることへのアドバイスを求められると、「『足が速くなれる練習をする』ことが一番。野球でも最初から速い球を投げられる人はいないよね。一つひとつ、できることからやっていくことが大事」と話し、「最初は身体をぶらさずに、目線を決めたところからはずさないというのが大事。最初に『ここを目指して走る』というところを決めると、キョロキョロせずに走れます」とコツを伝授した。

体験した子供たちからは、「トレーニングをがんばろうと思いました」「友達にも教えたいから、忘れないようにしたい」「きつかったけど、足が速くなりたいから続けて練習したい」「足をいっぱい使ったので疲れた。家でもやりたいと思った」といった感想が聞かれた。

桐生も、「充実した1時間を過ごせました。またどこかで会えたらうれしいです」と笑顔で子供たちにあいさつ。来シーズンに向けて、「今年はケガで難しいことがたくさんあったので、来シーズンはしっかりとケガをしない身体を作って、ベストタイムが出せるようにがんばりたい」と抱負を語った。

最後に、前日に26歳の誕生日を迎えた桐生に、サプライズでスパイク型のケーキがプレゼント。キッズレポーターも一緒にお祝いしてもらい、「実際にその場で陸上教室をするのももちろんいいですが、こういうオンラインだと、その場にいなくても出会える。すごくいい企画だと思うし、小学生とこうやって密にしゃべることもなかなかないので、すごく楽しかったです」と充実の笑顔で振り返った。

アシックスは12月16日、アスリートのすごさや身体を動かす楽しさを伝えるイベント「アシックス未来チャレンジキャンペーン キッズレポーターコースオンラインイベント」を開催。東京五輪代表の桐生祥秀(日本生命)が5人の小学生たちと交流した。 まずは、「僕も普段のウォーミングアップでやっているトレーニングです」と身体のバランスを取るトレーニングを4種目、動きの説明をしながら一緒に取り組んだ。 片脚を上げたままバンザイの姿勢を10秒キープするトレーニングでは、「難しい」と苦戦する子供たちに、「できないことにチャレンジすることが大切」と伝えた。 その後、5人の小学生が「キッズレポーター」として、桐生に1人3問程度ずつインタビュー。小学校時代にサッカーをやっていた桐生に対して、「なぜサッカーを続けずに陸上を始めたのですか?」とぶつけられると、「もともと、僕はいろんなスポーツをやりたかった。4つ上に兄が陸上をやっていたので、僕もやってみようと思った」とスプリンター・桐生の始まりを話した。 「今の子供たちにがんばってほしいことは?」という鋭い質問には、「僕らの時代はSNSがなくて、どんな練習をしたらいいのかはなかなかわからなかった。今はビックリするほどの情報量があるので、それを自分でキャッチしにいくこと。自分で選ぶことはすごく難しいことだけど、それが大切です」と答えた。 「好きなスポーツを見つけるにはどうしたらいいですか?」という質問には、「やっぱり、いろんなことをやること。習い事でなくても、友達と全部のスポーツをやってみるというのが一番じゃないかな。やってみないと、自分に何が合っているかわからないので」。 また、「どうやったらそんなに足が速くなれますか?」という走ることへのアドバイスを求められると、「『足が速くなれる練習をする』ことが一番。野球でも最初から速い球を投げられる人はいないよね。一つひとつ、できることからやっていくことが大事」と話し、「最初は身体をぶらさずに、目線を決めたところからはずさないというのが大事。最初に『ここを目指して走る』というところを決めると、キョロキョロせずに走れます」とコツを伝授した。 体験した子供たちからは、「トレーニングをがんばろうと思いました」「友達にも教えたいから、忘れないようにしたい」「きつかったけど、足が速くなりたいから続けて練習したい」「足をいっぱい使ったので疲れた。家でもやりたいと思った」といった感想が聞かれた。 桐生も、「充実した1時間を過ごせました。またどこかで会えたらうれしいです」と笑顔で子供たちにあいさつ。来シーズンに向けて、「今年はケガで難しいことがたくさんあったので、来シーズンはしっかりとケガをしない身体を作って、ベストタイムが出せるようにがんばりたい」と抱負を語った。 最後に、前日に26歳の誕生日を迎えた桐生に、サプライズでスパイク型のケーキがプレゼント。キッズレポーターも一緒にお祝いしてもらい、「実際にその場で陸上教室をするのももちろんいいですが、こういうオンラインだと、その場にいなくても出会える。すごくいい企画だと思うし、小学生とこうやって密にしゃべることもなかなかないので、すごく楽しかったです」と充実の笑顔で振り返った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top