月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀が小学生からのインタビューにずばり回答「いろんなスポーツをやるのが一番」

アシックスは12月16日、アスリートのすごさや身体を動かす楽しさを伝えるイベント「アシックス未来チャレンジキャンペーン キッズレポーターコースオンラインイベント」を開催。東京五輪代表の桐生祥秀(日本生命)が5人の小学生たちと交流した。

まずは、「僕も普段のウォーミングアップでやっているトレーニングです」と身体のバランスを取るトレーニングを4種目、動きの説明をしながら一緒に取り組んだ。

片脚を上げたままバンザイの姿勢を10秒キープするトレーニングでは、「難しい」と苦戦する子供たちに、「できないことにチャレンジすることが大切」と伝えた。

その後、5人の小学生が「キッズレポーター」として、桐生に1人3問程度ずつインタビュー。小学校時代にサッカーをやっていた桐生に対して、「なぜサッカーを続けずに陸上を始めたのですか?」とぶつけられると、「もともと、僕はいろんなスポーツをやりたかった。4つ上に兄が陸上をやっていたので、僕もやってみようと思った」とスプリンター・桐生の始まりを話した。

「今の子供たちにがんばってほしいことは?」という鋭い質問には、「僕らの時代はSNSがなくて、どんな練習をしたらいいのかはなかなかわからなかった。今はビックリするほどの情報量があるので、それを自分でキャッチしにいくこと。自分で選ぶことはすごく難しいことだけど、それが大切です」と答えた。

「好きなスポーツを見つけるにはどうしたらいいですか?」という質問には、「やっぱり、いろんなことをやること。習い事でなくても、友達と全部のスポーツをやってみるというのが一番じゃないかな。やってみないと、自分に何が合っているかわからないので」。

また、「どうやったらそんなに足が速くなれますか?」という走ることへのアドバイスを求められると、「『足が速くなれる練習をする』ことが一番。野球でも最初から速い球を投げられる人はいないよね。一つひとつ、できることからやっていくことが大事」と話し、「最初は身体をぶらさずに、目線を決めたところからはずさないというのが大事。最初に『ここを目指して走る』というところを決めると、キョロキョロせずに走れます」とコツを伝授した。

体験した子供たちからは、「トレーニングをがんばろうと思いました」「友達にも教えたいから、忘れないようにしたい」「きつかったけど、足が速くなりたいから続けて練習したい」「足をいっぱい使ったので疲れた。家でもやりたいと思った」といった感想が聞かれた。

桐生も、「充実した1時間を過ごせました。またどこかで会えたらうれしいです」と笑顔で子供たちにあいさつ。来シーズンに向けて、「今年はケガで難しいことがたくさんあったので、来シーズンはしっかりとケガをしない身体を作って、ベストタイムが出せるようにがんばりたい」と抱負を語った。

最後に、前日に26歳の誕生日を迎えた桐生に、サプライズでスパイク型のケーキがプレゼント。キッズレポーターも一緒にお祝いしてもらい、「実際にその場で陸上教室をするのももちろんいいですが、こういうオンラインだと、その場にいなくても出会える。すごくいい企画だと思うし、小学生とこうやって密にしゃべることもなかなかないので、すごく楽しかったです」と充実の笑顔で振り返った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com