月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

関東学連が箱根駅伝の応援に関するお願い 中継所・沿道など「観戦お控えください」


来年1月2日、3日に控える第98回箱根駅伝を前に、主催する関東学生連合が「応援に関するお願い」を発表。コロナ禍にあって、今年度も「観戦はお控えください。テレビなどでの応援、観戦をお願いします」としている。

今大会も大手町と芦ノ湖のスタート・フィニッシュ地点での大型ビジョン設置やプログラム・グッズ販売などのイベントは実施せず。小旗や号外の配布もない。付近の立ち入りを一部規制するため「来場はお控えください」とした。中継所、コース沿道での応援、観戦は「お控えください」とお願いしている。大学関係者、卒業生、選手の家族の応援につもて「ご遠慮ください」と記されている。前回同様、「応援したいから、応援にいかない。」のキャッチコピーを添え、「沿道で応援していただく皆様に、箱根駅伝は育てられてきました。これからも、末永く愛される箱根駅伝でありたいと思っております。是非とも、応援マナーにご協力をお願いします」と呼びかけている。

また、観光客に向けて、「国道1号線(箱根山間部)交通量抑制にご協力ください」とお願い。大会当日は選手の通過に際して一時的な交通規制も行われる。

第98回箱根駅伝は、往路が1月2日、復路が1月3日、東京・大手町と神奈川・芦ノ湖の往復で行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com