月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH日本記録保持者・泉谷駿介が来春、住友電工へ!小池祐貴、多田修平らと世界目指す


住友電工は、2022年4月入社予定の選手を発表。男子110mハードルの泉谷駿介(順大)、男子短距離の上山紘輝(近大)、同の安田圭吾(大東大)の3人が加入する。

110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷。今年の日本選手権で驚異的な日本記録を樹立し、ファイナルを目指した東京五輪では準決勝に進出した。そのレースでは脚をハードルにぶつけて失速した影響でわずかに決勝には届かなかったが、確かに近づいた瞬間でもあった。

神奈川・武相高時代は八種競技でインターハイ優勝。走幅跳(7m92)、三段跳(16m08)と各種目で好記録を持つマルチアスリートで、100mも10秒37の自己記録を持つ。順大では110mハードルの才能を開花。18年にU20世界選手権銅メダル、19年に13秒36の日本タイ記録(当時)、ドーハ世界選手権代表入り(欠場)、そして今年の日本選手権で13秒06の日本記録保持者となり、オリンピアンとなった。

住友電工には、同じく東京五輪に出場した短距離の小池祐貴、多田修平や、十種競技の丸山優真、女子短距離の御家瀬緑らが所属。同社は「新戦力として3選手を迎えることでチームの底上げを図るとともに、世界の舞台を目指して挑戦する選手の育成に力を注ぎます」とコメントしている。世界に誇るハードラーが、新たな環境で世界のファイナルを目指す。

上山は200mで20秒69のベストを持ち、今年の日本インカレ2位、日本選手権でも5位入賞。多田と練習拠点をともにしている安田はU20世界選手権代表の経験があり、200m20秒61がベスト。昨年の日本インカレでは3位に入っている。小池、多田らと組むことになる4×100mリレーでどんな記録が出るのかにも注目が集まる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com