月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪1500m金メダルのインゲブリグトセンが欧州クロカンV!


欧州カントリー選手権が12月12日、ダブリン(アイルランド)で開催され、男子(10km)は東京五輪1500m金メダルのJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)が30分15秒で、女子(8km)は16年リオ五輪5000m7位のK.B.グロブダル(ノルウェー)が26分34秒でそれぞれ優勝。ノルウェー勢がトップを占めた。女子U23の部(6km)では東京五輪5000m7位のN.バットクレッティ(イタリア)が20分32秒で制している。

また当日のバーレーン・ハーフマラソンが同国の首都マナーマで開催され、男子はP.キプリモ(ケニア)が1時間00分01秒で、女子はK.ゲブレスラセ(ケニア)が1時間5分36秒で優勝した。

女子優勝のゲブレスラセは現在26歳で、2011年U18世界選手権3000mの優勝者。9月のベルリン・マラソンがマラソン初挑戦で、2時間20分09秒で優勝している。ハーフマラソンの従来の自己ベストは1時間8分19秒(20年)で今回自己記録を更新した。2位には10kmの世界記録保持者で東京五輪10000m銀メダルのK.ゲザヘン(バーレーン)が1時間5分47秒で続いた。男子優勝のキプリモはハーフマラソン自己ベスト58分11秒の23歳。2位のC.コロス(ケニア)も同タイムという接戦だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com