月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】王者・駒大、エースの田澤廉が牽引!鈴木芽吹、花尾恭輔ら2年生が最多8人登録


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回13年ぶりの優勝を果たした駒大は、エースで主将の田澤廉(3年)ら、主力組は順当にメンバー入りした。故障の影響で出雲駅伝、全日本大学駅伝を見送っていた前回5区の鈴木芽吹(2年)も登録。その鈴木ら力のある2年生が最も多い8人エントリーされ、唐澤拓海、白鳥哲汰、全日本でフィニッシュテープを切った花尾恭輔らの名が並ぶ。最上級生は前回8区4位だった佃康平と新矢連士の2人。1年生では全日本で1区区間新の快走を見せた佐藤条二と出雲1区の篠原倖太朗が入った。

前年度は全日本、箱根と2冠を達成。今季も伊勢路で日本一になった。10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破した田澤を中心に、2年連続2冠を果たして『令和の常勝軍団』への一歩を刻むか。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■駒大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回優勝、出雲5位、全日本優勝
新矢 連士(4年/星稜高・石川)
佃  康平(4年/市船橋高・千葉)
大坪 幸太(3年/小林高・宮崎)
田澤  廉(3年/青森山田高・青森)主将
東山 静也(3年/高岡向陵高・富山)
山野  力(3年/宇部鴻城高・山口)
青柿  響(2年/聖望学園高・埼玉)
赤星 雄斗(2年/洛南高・京都)
金子 伊吹(2年/藤沢翔陵高・神奈川)
唐澤 拓海(2年/花咲徳栄高・埼玉)
白鳥 哲汰(2年/埼玉栄高・埼玉)
鈴木 芽吹(2年/佐久長聖高・長野)
花尾 恭輔(2年/鎮西学院高・長崎)
安原 太陽(2年/滋賀学園高・滋賀)
佐藤 条二(1年/市船橋高・千葉)
篠原倖太朗(1年/富里高・千葉)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com