月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】全日本13位からの挽回を期す帝京大 エース遠藤大地、前回5区区間賞の細谷翔馬ら4年生7人がメンバー入りケガの三原は間に合わず


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回までで4年連続でシード権を獲得している帝京大は、3年連続3区を務め同区の日本人最速タイムを持つ遠藤大地(4年)、前回5区区間賞の細谷翔馬(4年)、同9区3位で主将の橋本尚斗(4年)らチームの柱となる選手たちが順当にエントリーされた。その他にも、たたき上げのチームらしく、4年生が最多の7人メンバー入りした。

箱根経験者では、前回6区でレース中に右足疲労骨折のアクシデントに遭った三原魁人(4年)がメンバーから外れた。また、底上げが課題とされていたが下級生からは、10000m28分台をもつ小野隆一朗(2年)、西脇翔太(2年)、福島渉太(1年)らが入った。

近年、駅伝では安定して結果を残してきたが、今季の全日本では序盤の出遅れを挽回できず13位と久々にふたケタ順位に終わっている。だが、11月23日の学連記録挑戦会では自己記録を更新する選手が続出し、10000m28分台はチーム史上最多の9人。この勢いを箱根につなげ、過去最高順位となる3位以内を目指す。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■帝京大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回8位、出雲8位、全日本13位
遠藤 大地(4年/古川工高・宮城)
寺嶌 渓一(4年/前橋育英高・群馬)
中村 風馬(4年/草津東高・滋賀)
橋本 尚斗(4年/鳴門高・徳島)主将
細谷 翔馬(4年/東北高・宮城)
森田 瑛介(4年/前橋育英高・群馬)
安村 晴樹(4年/西京高・山口)
新井 大貴(3年/前橋育英高・群馬)
北野 開平(3年/須磨学園高・兵庫)
元永好多朗(3年/宇部高専高・山口)
大吉 優亮(2年/市船橋高・千葉)
小野隆一朗(2年/北海道栄高・北海道)
末次 海斗(2年/鳥栖工高・佐賀)
西脇 翔太(2年/名経大高蔵高・愛知)
小林 大晟(1年/鎮西学院高・長崎)
福島 渉太(1年/小林高・宮崎)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com