月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連室内ツアー7戦の概要発表、ドイツ・カールスルーエで開幕

WA(世界陸連)は12月10日、WA室内ツアーの概要を発表した。すでに公表されているゴールドラベルの7大会を含め、ヨーロッパ、北米、アジアの14か国で全38大会が実施される。ゴールドラベル大会でのスコアリング対象となる種目は毎年指定されるが、今年は以下の種目で得点が付与される。
女子:400m、1500m、60mハードル、走高跳、走幅跳
男子:60m、800m、3000m / 5000m、棒高跳、三段跳、砲丸投
各種目で最も多くポイントを獲得した選手には22年ベオグラード世界室内競技選手権のワイルドカードとともに賞金が与えられる。
ゴールドラベル大会の開幕戦は1月28日にカールスルーエ(ドイツ)大会までちょうど50日となっている。

●2022年WA室内ツアー・ゴールド日程
1月28日 カールスルーエ(ドイツ)
1月29日 ニューヨーク(米国)
2月13日 ボストン(米国)
2月17日 リエヴァン(フランス)
2月19日 バーミンガム(英国)
2月22日 トルン(ポーランド)
3月2日 マドリード(スペイン)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com