月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

関東学連が箱根出場校に向けたコロナ対策を公表 今回も「コース沿道近隣でのいかなる活動を一切禁止」


関東学連は12月9日、第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)の出場校に向けた新型コロナウイルスの感染防止対策についての指針を通達した。

これまで行われている競技会同様に大会前2週間の体調管理チェックシートの提出を義務づけるほか、ウォーミングアップや競技中以外は常時マスクを着用する。使用したマスクは自宅で破棄するように呼びかけている。

万が一チームから感染者が出た場合の出場可否も細かく明記。12月12日以降に関係者に感染者が出た場合は該当者の出場および会場への出入りは認めない。濃厚接触者と判断された者については、12月12日から18日であれば14日間にわたり健康状態を観察する期間を経過し、症状が出ない場合はチーム・個人問わず出場できる。ただし、大会2週間前となる12月19日以降に濃厚接触者として認定された場合は、該当者の出場・会場への出入りは認めないとした。

12月12日以降に感染疑い症状(発熱、咳、咽頭痛、息切れ、全身倦怠感、下痢、味覚
障害など)があった者については、各種感染症リスクも考慮し、原則として該当者の出場および会場への立ち入りを認めないとした。ただし、「発症後から少なくとも8日以上が経過していること」「薬剤を服用していない状態で解熱後および症状消失後、少なくとも3日以上経過していること」の2つの要件を両方満たしている場合は出場および会場への立ち入りが認められている。

また、大会当日は、サーモグラフィーなどを使って検温を実施。スタート、フィニッシュ地点でのチーム同士の声かけ、円陣は禁止され、中継地点におけるタスキリレー時の次走者への声かけも禁じられる。ただし、前回大会は禁止されていた「胴上げ」については注意事項から外れている。

付き添いなど来場を認める人数も前回同様に制限。給水時にはビブス、マスク、ゴーグル、使い捨て手袋の着用を義務づける。一般のファンへの観戦を控えるようお願いしていることからも、OB会や応援団などに対して「コース沿道近隣でのいかなる活動を一切禁止することを周知してほしい」とした。

このほか、宿泊については1人部屋を推奨、大会まで感染リスクが高まる懇親会やカラオケ、アルバイトなど「3密を避ける行動を心掛けてください」と明記されている。

前回大会もコロナ禍で開催され、沿道での観戦者数は前年比85%減の約18万人という結果に。新しい様式での大会運営を模索し、開催にこぎつけようとした関係者の努力が数字となって表れた。

キャッチコピーは「応援したいから、応援に行かない。」

今回も主催する関東学連の学生たち、そして選手たちの努力が報われる大会となるよう、箱根駅伝に携わる全関係者の協力が求められる。

※文中に誤りがあったため修正しました

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com