月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

伊藤達彦が五輪後初1万m27分30秒69で世界選手権標準に肉薄!日本人2番手の太田智樹が日本歴代6位/八王子LD


八王子ロングディスタンス2021(11月27日/東京・上柚木競技場)

男子10000m6組は、東京五輪代表の伊藤達彦(Honda)が27分30秒69で日本人トップの4位に入った。

来年7月に開催される世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を狙う選手が多数そろったB組だが、3000mを8分22秒、5000mを13分52秒と序盤からなかなかペースが上がらない。徐々に集団の数が絞られ、残り1000mで先頭争いに残った日本人は伊藤と太田智樹(トヨタ自動車)のみ。レースが動いたのは残り1周。後方に位置付けていた伊藤が強烈なスパートを炸裂させ、太田を逆転した。

伊藤は昨年12月の日本選手権で日本歴代2位の27分25秒73で2位。今年5月の日本選手権で優勝して東京五輪代表に内定した。11月に東日本実業団の1区(区間賞)を挟んだが、五輪後初トラックレースで自己2番目、パフォーマンス日本歴代6位の好記録をマークした。

「(世界選手権の参加標準記録まで)あと少しでしたが、海外選手の(ペースの)上げ下げに対応できました」と納得の表情。「トラックの練習をして次走る時は日本記録を出したい」と意気込みを語った。

日本人2番手の5位に太田は27分33秒13で日本歴代6位の快走。早大卒の実業団2年目ランナーが飛躍の兆しを見せている。

組トップはエバンス・ケイタニー(トヨタ紡織)で27分28秒25。7位のフィリップ・ムルワ(創価大)も27分35秒29の好記録だった。

■男子10000m日本歴代10傑
27.18.75相澤  晃(旭化成) 2020.12. 4
27.25.73伊藤 達彦(Honda)2020.12. 4
27.28.92田村 和希(住友電工) 2020.12. 4
27.29.69村山 紘太(旭化成) 2015.11.28
27.29.74鎧坂 哲哉(旭化成) 2015.11.28
27.33.13太田 智樹(トヨタ自動車)2021.11.27
27.34.86河合 代二(トーエネック)2020.12. 4
27.35.09高岡 寿成(カネボウ) 2001. 5. 4
27.35.33中山 竹通(ダイエー) 1987. 7. 2
27.36.93大迫  傑(Nike) 2020.12. 4

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com