月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1区で勢いをつけた市船橋が31年ぶりの王者、女子は3区間でトップの順天が23年ぶりV/関東高校駅伝

関東高校駅伝は11月20日、栃木県宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎを会場に行われた。新型コロナウイルスの感染対策としてタスキをつなぐのではなく、区間ごとのトラックレースを実施し、個人タイムの積算で順位を決定。男子(7区間42000m)は千葉県大会2位の市船橋が2時間3分36秒で31年ぶり4回目、女子(5区間21000m)は全国高校駅伝東京都代表・順天が1時間9分19秒で23年ぶり2回目の優勝を果たした。

市船橋は1区(10000m)を務めたインターハイ5000m10位の緒方澪那斗(3年)が29分14秒56で1着フィニッシュすると、2区以降もトップをキープ。後半にかけて盛り返してきた千葉県大会王者の八千代松陰を33秒抑え、全国切符を逃した県大会のリベンジを果たした。八千代松陰は2位で、3位には千葉県大会3位の流経大柏が入り、千葉勢がトップ3を独占。北関東勢では東農大三(埼玉県大会2位)の5位が最高だった。

順天も序盤から1位を守った。1区(6000m)の小川陽香(2年)が19分58秒25で競り勝つと、2区の鈴木美海(1年)、3区の南日向(3年)もそれぞれトップでフィニッシュ。28秒差の2位は神奈川大会優勝の白鵬女、3位には千葉2位の成田だった。北関東勢の最上位は、昌平(埼玉県大会2位)の5位だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com