月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

来夏世界選手権のマラソンコースが決定 平坦な14kmの周回コースを3周


◇世界陸連公式サイトから

来年、米国オレゴン州ユージンで開催される世界選手権(2022年7月15日~24日)の現地組織委員会(LOC)は11月11日、同大会のマラソンコースを発表した。

オーッツェン・スタジアム前をスタート、フィニッシュとするほぼ平坦な1周14kmの周回コースで行われる。公民権運動の先駆者的リーダーの1人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの名前を冠した大通りから始まり、アルトン・ベイカー・パークを通った後、ウィラメット川を渡り、スプリングフィールドへ向かうコースを3周する。

現地組織委員会は「世界最高のランナーたちに、多くの歴史と可能性を秘めたコースで競技する機会を与えられることを誇りに思う」とコメントしている。

レースは男子が大会3日目の7月17日、女子は4日目の18日に行われ、いずれも現地時間の6時15分(日本時間22時15分)にスタートする。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com