月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2024年パリ五輪のマラソン代表選考はMGCを踏襲 23年秋に開催へ

日本陸連は11月10日に理事会を開き、2024年パリ五輪のマラソン代表選考会について、東京五輪と同じくマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を開催して決定する方針が理事会で承認されて決まった。

東京五輪のマラソン代表は19年9月に行われたMGCで男女上位2名を内定し、その後の「MGCファイナルチャレンジ」において、残り1枠が決定された。3年後のパリ五輪へ向けても同じ方式で進められていく予定で、2023年秋にMGCを開催予定。場所と日時については調整中としている。新設された「ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)」で一定の順位や記録を満たした競技者およびワイルドカードで基準でをクリア競技者がパリ五輪選考会「MGC」への出場資格を得る。

JMCシリーズは12月5日の福岡国際マラソンから対象レースがスタート。MGCへの明確な参加資格については強化委員会で検討して今月中には発表する見込み。2023年秋のMGCの上位選手がパリ五輪代表に内定し、23年12月から行われる「JMCシリーズ・グレードS」で一定基準を満たした選手が代表候補に挙がる。なお、パリ五輪の出場資格要項が未発表であることも加味し、MGCでの内定条件や内定人数などについては未定で、パリ五輪の出場資格の要項が発表され次第、明確に策定していく。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com