月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山崎一彦氏が陸連強化委員長に就任 400mH五輪3度出場、現・順大監督


日本陸連は新たな強化委員長に順大監督の山崎一彦氏が就任したと発表した。11月10日に理事会が開かれ承認を得て、その後の会見で明かされた。

山崎氏は埼玉・武南高、順大出身で、筑波大院修了。現役時代、400mハードルで活躍した。オリンピックには1992年バルセロナ、96年アトランタ、00年シドニーと3大会連続で出場。95年エドモントン世界選手権では日本人初のファイナリストとなった。

2003年から福岡大、14年から母校・順大で指導に当たり、現在は同大監督。日本陸連強化委員会には03年から入閣し、ジュニア強化部委員、ハードル部長など要職を歴任しながら、将来を期待する「ダイヤモンドアスリート」制度など若手の育成にも力を注いだ。リオ五輪後の16年10月から東京五輪まで強化委員会のトラック&フィールド種目を統括するディレクターとして現場に携わっていた。

会見に臨んだ日本陸連の風間明専務理事は山崎新委員長に対して「これまで選手として、指導者としての経験を持ち、T&Fでも先の東京五輪で入賞者を出しました。また、ジュニアのプロジェクトも成し遂げており、(現場の)一連の流れも把握している。国際的な感覚も持っており、新しい体制を作っていただける」と期待を寄せる。

任期は11月10日から23年6月開催予定の定時評議会終結時まで。なお、2017年から務めていた前任の麻場一徳氏は9月30日付で退任。常任理事も退任した。

強化委員会のメンバーは現在選定中で、近日中に発表される見込み。

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com