月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

八千代工業陸上競技部が21年度で活動休止を発表 91年創部、ニューイヤー出場14回

八千代工業は自社HPで2021年度をもって陸上競技部の活動を休止すると発表した。

八千代工業は1991年3月に創部。長距離・駅伝を中心に活動し、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)には2002年に初出場し、通算14回の出場を数える。16年には過去最高順位の16位。今年の東日本実業団対抗駅伝では16位で全日本大会出場を逃している。過去には福田穣(現・NNランニングクラブ)も在籍。現在は主将で駒大OBの猪浦舜や真船恭輔らが所属し、東京パラリンピックのトライアスロンと車いすマラソンに出場した土田和歌子も同社に在籍している。

休止の理由に「将来を見据え、新たな領域に経営資源を振り向ける必要がある」とし、「国内の事業健全化を目指し、改革を進めるにあたり、経営資源をより有効に活用するため、苦渋の決断でありますが、今期末をもって活動を休止することを決定しました」と発表。今後、所属選手・スタッフについては「個人の意向を尊重したうえで、移籍等も含め、最大限の支援を行ってまいります」としている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com