HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.11.09

第98回箱根駅伝開催が正式決定 連覇狙う駒大ら21チームが出場
第98回箱根駅伝開催が正式決定 連覇狙う駒大ら21チームが出場

関東学生陸上競技連盟は11月9日、第98回箱根駅伝を2022年1月2日~3日に開催することを発表した。

すでに出場権を手にしていた前回大会の上位10校と、10月23日に行われた予選会の上位10校の計20校と、オープン参加の関東学生連合チームを加えた21チームが出場して行われる。

今大会も前回と同様、新型コロナウイルス感染症感染防止対策を講じての開催となり、各チームの体調チェックの徹底、出場大学の関係者や応援団、OB・OG、保護者による来場および沿道での応援行為の自粛を要請。合わせて、地域やファンにも「応援のための外出をお控えいただき、特に沿道やスタート/フィニッシュ地点、中継所などでの観戦や応援行為はご遠慮くださいますようお願いし上げます」と求めた。

11月7日の全日本大学駅伝では駒大が2連覇を達成。箱根駅伝でも連覇がかかるが、出雲駅伝優勝の東京国際大、出雲、全日本ともに2位の青学大などを中心に、激戦が予想される。

 

第98回東京箱根間往復大学駅伝競走 出場校一覧
■シード校10校
駒澤大学 56年連続56回目
創価大学  3年連続 5回目
東洋大学 20年連続80回目
青山学院大学 14年連続27回目
東海大学 9年連続49回目
早稲田大学 46年連続91回目
順天堂大学 11年連続63回目
帝京大学 15年連続23回目
國學院大學  6年連続15回目
東京国際大学  5年連続 6回目
■予選会通過校10校
明治大学  4年連続63回目
中央大学  5年連続95回目
日本体育大学 74年連続74回目
山梨学院大学 2年連続35回目
神奈川大学 12年連続53回目
法政大学  7年連続82回目
中央学院大学  2年ぶり22回目
駿河台大学 初出場
専修大学  2年連続70回目
国士舘大学  6年連続50回目
■オープン参加
関東学生連合

関東学生陸上競技連盟は11月9日、第98回箱根駅伝を2022年1月2日~3日に開催することを発表した。 すでに出場権を手にしていた前回大会の上位10校と、10月23日に行われた予選会の上位10校の計20校と、オープン参加の関東学生連合チームを加えた21チームが出場して行われる。 今大会も前回と同様、新型コロナウイルス感染症感染防止対策を講じての開催となり、各チームの体調チェックの徹底、出場大学の関係者や応援団、OB・OG、保護者による来場および沿道での応援行為の自粛を要請。合わせて、地域やファンにも「応援のための外出をお控えいただき、特に沿道やスタート/フィニッシュ地点、中継所などでの観戦や応援行為はご遠慮くださいますようお願いし上げます」と求めた。 11月7日の全日本大学駅伝では駒大が2連覇を達成。箱根駅伝でも連覇がかかるが、出雲駅伝優勝の東京国際大、出雲、全日本ともに2位の青学大などを中心に、激戦が予想される。   第98回東京箱根間往復大学駅伝競走 出場校一覧 ■シード校10校 駒澤大学 56年連続56回目 創価大学  3年連続 5回目 東洋大学 20年連続80回目 青山学院大学 14年連続27回目 東海大学 9年連続49回目 早稲田大学 46年連続91回目 順天堂大学 11年連続63回目 帝京大学 15年連続23回目 國學院大學  6年連続15回目 東京国際大学  5年連続 6回目 ■予選会通過校10校 明治大学  4年連続63回目 中央大学  5年連続95回目 日本体育大学 74年連続74回目 山梨学院大学 2年連続35回目 神奈川大学 12年連続53回目 法政大学  7年連続82回目 中央学院大学  2年ぶり22回目 駿河台大学 初出場 専修大学  2年連続70回目 国士舘大学  6年連続50回目 ■オープン参加 関東学生連合

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top