月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男女ともに西京が快勝 男子は34回目、女子は30回目の都大路へ/山口県高校駅伝

山口県高校駅伝が11月7日、山口きらら博記念公園の阿知須きらら浜駅伝コースで行われ、西京が5年連続で男女ともに優勝した。男子(7区間42.195km)は2時間8分56秒をマークして29年連続34回目、女子(5区間21.0975km)は1時間11分56秒で優勝し5年連続30回目の全国へ挑む。

男子1区は5000mで14分10秒台の記録を持つ2人が区間賞争い。高川学園の高山豪起(3年)が29分58秒で制し、西京の山口翔平(3年)が6秒差で中継した。2区に入ると、西京の重山弘徳(2年)が快走して区間新記録となる8分25秒で首位中継。しかし3区で再び高川学園の森重清龍(3年)が逆転し、10秒差で4区に渡った。4区で西京の山崎草太(2年)が再逆転すると、以降は西京がトップを譲らず、2位の高川学園に1分42秒差をつけてゴールした。

女子は1区で西京の田辺真奈(3年)と豊浦の井上萌々奈(3年)と競り合う展開に。田辺が1秒差でトップ中継をすると、2区以降も全区間で区間賞を獲得した西京が2位の豊浦に2分30秒差をつけて圧勝した。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com