月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

西脇工が2時間3分35秒の大会新!5年ぶり全国入賞へ「チャレンジャーとして」女子は須磨学園が4連覇/兵庫県高校駅伝


兵庫県高校駅伝が11月7日に行われ、男子は西脇工、女子は須磨学園がそれぞれ優勝を飾り、全国高校駅伝出場を決めた。

男子(7区間42.195km)の西脇工は2時間3分35秒の大会新V。条件こそ異なるものの、この日終了時点での都道府県大会で全国トップのタイムとなる。過去8度の全国優勝を誇る名門が圧巻の継走を見せた。

1区は報徳学園の前田和摩(2年)が28分59秒の好走を見せ、西脇工はこちらも2年生エースの長嶋幸宝が14秒差の2位で続いた。2区の山中達貴(3年)が区間賞の走りを見せると、3区でトップに立った
その後は独走となり、6区・稲見峻(2年)、7区・寺本京介(3年)と連続区間新記録で締めくくった。

昨年の県駅伝で3位に敗れてから選手たちが負けた要因と向き合ってきた1年。秋の試合はコロナ禍や選手の調子もあってキャンセルしてここに懸けてきた。足立幸永監督は「チームワークが高まってきた」と選手たちを称える。

「あくまでもチャレンジャーの気持ちを忘れずに臨みたい」と主将の塩田大空。5年ぶりの入賞、そして9年ぶりのメダルへ。“兵庫を制した”勢いで全国に挑む。

女子(5区間21.0975km)は昨年全国6位の須磨学園が1時間9分37秒で4年連続26回目の都大路を決めた。1区は中学時代から世代トップランナーの石松愛朱加(3年)が区間賞で滑り出すと、道清愛紗(3年)も区間賞。ライバル・西脇工に2区終了時点で2分以上の差をつけた。最終的にその差は2分24秒と、影をも踏ませなかった。

兵庫県勢は6年連続入賞中。過去2度の全国Vがある須磨学園は、8年ぶりのトップ3を目指す。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com