HOME 駅伝

2021.11.08

青学大は8秒差の2位「箱根は戦えるチーム」原監督が悔しさの中に得た大きな手応え/全日本大学駅伝
青学大は8秒差の2位「箱根は戦えるチーム」原監督が悔しさの中に得た大きな手応え/全日本大学駅伝


復活を遂げた岸本から高橋へのタスキリレー

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

優勝した駒大までわずか8秒。全区間8、つまりまさに「1人1秒」が足りなかった。3年ぶりの優勝を狙った青学大は5時間13分06秒で2位。優勝と2位の差が8秒というのは過去最小差だった。

「悔しいです。勝てるチャンスが幾度となくありました。決戦で敗れたのは残念です」。原晋監督はレース後、ストレートに打ち明ける。

志貴が好スタート、岸本が復活の走り

「勝つチャンス」は確かにあった。1区に配したのは2年生の志貴勇斗。学生駅伝初出走の志貴はトップの駒大・佐藤条二(1年)から5秒差の区間4位で走った。ここが最初の“勝てる(展開の)チャンス”でもあっただろう。ここで流れに乗りたいところだったが、2区の中村唯翔(3年)は区間14位。その悪い流れを断ち切ったのは1年時の箱根駅伝以来となる岸本大紀(3年)だった。

長くケガで戦列から離れ、昨年度は駅伝出走はなし。原監督は「不安と期待」の中で送り出した岸本が、「どんな順位でもらっても先頭に近い位置で渡すつもりだった」と、日本人トップの区間3位で10位から8位へと順位を押し上げた。さらに圧巻の走りを見せたのが4区・高橋勇輝(4年)と5区・佐藤一世(2年)。「良い位置でタスキを持ってきてくれたので、前を追っていこうと積極的に突っ込めた」という高橋が前を追う。「最後はなかなかつまらなくて苦しかった」と振り返る高橋だが、区間賞を獲得してここでも2つ順位を上げた。

昨年、ルーキーながら同じ5区を走り、区間新を打ち立てた佐藤を、原監督は「駅伝男」と評する。出雲駅伝以降は「ノーランニングの日が2、3日あった」(原監督)が、さすがの走りで連続区間賞。ここで一気に3位へ。トップの早大からは19秒、2位・順大からは2秒差だった。2度目“チャンス”。だが、6区の若林宏樹(1年)は区間12位。「でこぼこ駅伝」(原監督)となるが、青学大には流れを引き寄せる『ゲームチェンジャー』がいた。エースの近藤幸太郎(3年)だ。

近藤と飯田が好走もわずか届かず

東京国際大が逃げ、順大が2番手。そこから1分以上離れて明大。近藤は猛追してきた駒大とほぼ同時にスタートする。相手は学生長距離のエース・田澤廉(3年)だ。

しばらく並走しながら前を追い、ラストは突き放されたものの、盛り返した近藤。駒大が田澤でトップに立ち、18秒差で近藤は主将の飯田貴之(4年)へとタスキをつないだ。「学生ナンバーワンの選手とほぼ同時にスタートして、互角といえる走りができました。力がついています」と指揮官はエースの走りを称える。


駒大・田澤とほぼ同時に走り出した近藤も快走した

「前半区間は苦しみましたが、優勝争いができる良い位置でつないでくれました」と飯田。8km過ぎに追いつくと、駒大との長いデッドヒートが始まる。当初は「先頭で回ってくると思っていた」が、2番手になったことで前半はやや押し気味で入る。ペースは想定内でも、やはり気持ちの面でプレッシャーはあった。「(駒大は)余裕がありそうだったので、残り1kmで仕掛けようと思っていました」。しかし、想像より早い残り2kmで駒大・花尾恭輔(2年)がロングスパート。「上り坂で余裕がなかった」飯田は、最後の“勝つチャンス”を物にできなかった。レース後は涙も見せた飯田。「主将として申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しがる。

登録外のメンバーも含めて「優秀なランナーが数多くいました」(原監督)。その中でも、「期待値で出した選手もいる」という。今回、思うような走りができなかった2区間もそうかもしれないし、一方で不安もあった岸本、佐藤についても同じだろう。結果的に、「今回の負けは采配ミス」と原監督。それでも、「2区間でふたケタ順位になったら優勝は難しい。その中で優勝争いに絡めたのは力がある。箱根駅伝に向けて手応えをつかみました」と、悔しさの中にも、大きな収穫もあった伊勢路となった。

2年ぶりの箱根駅伝制覇へ。指揮官は「箱根駅伝は戦えるチームだと再認識した。でこぼこ駅伝にならないように、日頃の朝練、ジョグから、(選手の)調子を見られるように監督としての“目力”をつけていきたい」と、残り2ヵ月弱でチームを磨き上げていく。

復活を遂げた岸本から高橋へのタスキリレー ◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 優勝した駒大までわずか8秒。全区間8、つまりまさに「1人1秒」が足りなかった。3年ぶりの優勝を狙った青学大は5時間13分06秒で2位。優勝と2位の差が8秒というのは過去最小差だった。 「悔しいです。勝てるチャンスが幾度となくありました。決戦で敗れたのは残念です」。原晋監督はレース後、ストレートに打ち明ける。

志貴が好スタート、岸本が復活の走り

「勝つチャンス」は確かにあった。1区に配したのは2年生の志貴勇斗。学生駅伝初出走の志貴はトップの駒大・佐藤条二(1年)から5秒差の区間4位で走った。ここが最初の“勝てる(展開の)チャンス”でもあっただろう。ここで流れに乗りたいところだったが、2区の中村唯翔(3年)は区間14位。その悪い流れを断ち切ったのは1年時の箱根駅伝以来となる岸本大紀(3年)だった。 長くケガで戦列から離れ、昨年度は駅伝出走はなし。原監督は「不安と期待」の中で送り出した岸本が、「どんな順位でもらっても先頭に近い位置で渡すつもりだった」と、日本人トップの区間3位で10位から8位へと順位を押し上げた。さらに圧巻の走りを見せたのが4区・高橋勇輝(4年)と5区・佐藤一世(2年)。「良い位置でタスキを持ってきてくれたので、前を追っていこうと積極的に突っ込めた」という高橋が前を追う。「最後はなかなかつまらなくて苦しかった」と振り返る高橋だが、区間賞を獲得してここでも2つ順位を上げた。 昨年、ルーキーながら同じ5区を走り、区間新を打ち立てた佐藤を、原監督は「駅伝男」と評する。出雲駅伝以降は「ノーランニングの日が2、3日あった」(原監督)が、さすがの走りで連続区間賞。ここで一気に3位へ。トップの早大からは19秒、2位・順大からは2秒差だった。2度目“チャンス”。だが、6区の若林宏樹(1年)は区間12位。「でこぼこ駅伝」(原監督)となるが、青学大には流れを引き寄せる『ゲームチェンジャー』がいた。エースの近藤幸太郎(3年)だ。

近藤と飯田が好走もわずか届かず

東京国際大が逃げ、順大が2番手。そこから1分以上離れて明大。近藤は猛追してきた駒大とほぼ同時にスタートする。相手は学生長距離のエース・田澤廉(3年)だ。 しばらく並走しながら前を追い、ラストは突き放されたものの、盛り返した近藤。駒大が田澤でトップに立ち、18秒差で近藤は主将の飯田貴之(4年)へとタスキをつないだ。「学生ナンバーワンの選手とほぼ同時にスタートして、互角といえる走りができました。力がついています」と指揮官はエースの走りを称える。 駒大・田澤とほぼ同時に走り出した近藤も快走した 「前半区間は苦しみましたが、優勝争いができる良い位置でつないでくれました」と飯田。8km過ぎに追いつくと、駒大との長いデッドヒートが始まる。当初は「先頭で回ってくると思っていた」が、2番手になったことで前半はやや押し気味で入る。ペースは想定内でも、やはり気持ちの面でプレッシャーはあった。「(駒大は)余裕がありそうだったので、残り1kmで仕掛けようと思っていました」。しかし、想像より早い残り2kmで駒大・花尾恭輔(2年)がロングスパート。「上り坂で余裕がなかった」飯田は、最後の“勝つチャンス”を物にできなかった。レース後は涙も見せた飯田。「主将として申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しがる。 登録外のメンバーも含めて「優秀なランナーが数多くいました」(原監督)。その中でも、「期待値で出した選手もいる」という。今回、思うような走りができなかった2区間もそうかもしれないし、一方で不安もあった岸本、佐藤についても同じだろう。結果的に、「今回の負けは采配ミス」と原監督。それでも、「2区間でふたケタ順位になったら優勝は難しい。その中で優勝争いに絡めたのは力がある。箱根駅伝に向けて手応えをつかみました」と、悔しさの中にも、大きな収穫もあった伊勢路となった。 2年ぶりの箱根駅伝制覇へ。指揮官は「箱根駅伝は戦えるチームだと再認識した。でこぼこ駅伝にならないように、日頃の朝練、ジョグから、(選手の)調子を見られるように監督としての“目力”をつけていきたい」と、残り2ヵ月弱でチームを磨き上げていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top