HOME 高校

2021.10.24

走幅跳ライバル対決はU20王者の深沢瑞樹がV!片山大地が自己新で2位/U18・U16大会
走幅跳ライバル対決はU20王者の深沢瑞樹がV!片山大地が自己新で2位/U18・U16大会


◇第15回U18・第56回U16陸上大会(10月22日~24日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

第15回U18・第56回U16陸上大会の2日目。U18男子走幅跳は劇的な展開が繰り広げられた。2回・2回の合計4回試技。3回目に7m47(+2.0)を片山大地(八王子高2東京)が跳んでトップに立ったが、最終4回目に深沢瑞樹(東海大翔洋高2静岡)が7m63(+3.2)をジャンプして逆転し、そのまま優勝を決めた。

深沢は昨年、高1歴代最高となる7m67をマーク。今年6月に行われたU20日本選手権では高2歴代6位となる7m72を跳んで制しており、これで2冠を果たした。夏のインターハイでは先輩の北川凱(3年)とワンツーを飾っている期待のジャンパーの一人。インターハイ以降はスピード強化を図り100m、200mやリレーに出場し、走幅跳は8月の東海選手権以来だった。

「久しぶりだったので不安と楽しさがありました」と深沢。2、3回目は「つま先だけ出たファウルで、先生から『脚をもっと回すように』とアドバイスを受けて、4回目はそれを意識しました」と振り返る。課題は「タイミングがずれて踏み切りで乗り込めていないところ」と話し、来年に向けて「スピードがついてきているので、まっすぐ踏み切りたい。インターハイでは先輩に続いて“連覇”したいです」と意気込みを語った。

2位の片山は5月に跳んだ7m29のベストを18cm更新に「まさかあれほど跳べるとは思いませんでした。ビックリです」と笑顔を見せる。ここ2年は「ケガも多くでダメダメでした。消えたと思われたかもしれませんが、少し見返せたかな」と胸を張る。

2人は中学時代から中学歴代上位に入る記録を持っていたライバル同士。「一緒に戦って楽しかったですが、中学時代は負けていたので今回は負けたくないと思っていました」と深沢が言えば、「全中以来に楽しい争いができました」と片山は言う。深沢は高校記録の8m12の更新が目標。片山もまた渡邉大輔先生の持つ都高校記録7m85の更新という大きな野望がある。

近年、ハイレベルな世代が続く男子走幅跳。来年はどんな争いとなるか。そして、高校生史上2人目の8mジャンパー誕生は――?

◇第15回U18・第56回U16陸上大会(10月22日~24日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) 第15回U18・第56回U16陸上大会の2日目。U18男子走幅跳は劇的な展開が繰り広げられた。2回・2回の合計4回試技。3回目に7m47(+2.0)を片山大地(八王子高2東京)が跳んでトップに立ったが、最終4回目に深沢瑞樹(東海大翔洋高2静岡)が7m63(+3.2)をジャンプして逆転し、そのまま優勝を決めた。 深沢は昨年、高1歴代最高となる7m67をマーク。今年6月に行われたU20日本選手権では高2歴代6位となる7m72を跳んで制しており、これで2冠を果たした。夏のインターハイでは先輩の北川凱(3年)とワンツーを飾っている期待のジャンパーの一人。インターハイ以降はスピード強化を図り100m、200mやリレーに出場し、走幅跳は8月の東海選手権以来だった。 「久しぶりだったので不安と楽しさがありました」と深沢。2、3回目は「つま先だけ出たファウルで、先生から『脚をもっと回すように』とアドバイスを受けて、4回目はそれを意識しました」と振り返る。課題は「タイミングがずれて踏み切りで乗り込めていないところ」と話し、来年に向けて「スピードがついてきているので、まっすぐ踏み切りたい。インターハイでは先輩に続いて“連覇”したいです」と意気込みを語った。 2位の片山は5月に跳んだ7m29のベストを18cm更新に「まさかあれほど跳べるとは思いませんでした。ビックリです」と笑顔を見せる。ここ2年は「ケガも多くでダメダメでした。消えたと思われたかもしれませんが、少し見返せたかな」と胸を張る。 2人は中学時代から中学歴代上位に入る記録を持っていたライバル同士。「一緒に戦って楽しかったですが、中学時代は負けていたので今回は負けたくないと思っていました」と深沢が言えば、「全中以来に楽しい争いができました」と片山は言う。深沢は高校記録の8m12の更新が目標。片山もまた渡邉大輔先生の持つ都高校記録7m85の更新という大きな野望がある。 近年、ハイレベルな世代が続く男子走幅跳。来年はどんな争いとなるか。そして、高校生史上2人目の8mジャンパー誕生は――?

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top