HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.10.24

トップ通過の明大 学内1位の加藤は3年連続「花の2区」出走に意欲/箱根駅伝予選会
トップ通過の明大 学内1位の加藤は3年連続「花の2区」出走に意欲/箱根駅伝予選会

◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地)

前回の箱根駅伝は総合11位、10000mのエントリー上位10人平均タイムは28分43秒69で予選会出場校中1位。戦前からトップ通過候補にも挙げられるほどの戦力を誇っていた明大が力強いレースを披露した。

前半は手嶋杏丞と鈴木聖人(ともに4年)がトップ集団に食らいつき、終盤は加藤大誠(3年)、児玉真輝(2年)、櫛田佳希(3年)らが実力を発揮する。

加藤がラストスパートで日本人トップの中央学大・栗原啓吾(4年)を猛追して個人9位(1時間2分47秒、日本人2番手)でフィニッシュに飛び込むと、鈴木、児玉、櫛田ら7人が個人26位以内でフィニッシュ。チーム10番目となった尾﨑健斗(1年)も個人114位(1時間4分29秒)でまとめて堂々のトップ通過を果たしたのだ。

「実力通りの走りをすれば、トップ通過できると思っていたので良かったです。予選会は集団走のイメージがあるんですけど、コース的に集団を作るのが難しい。今回はターゲットタイムを3つくらい決めて、そのペースでしっかり進めるようにしました。ただ、全体的に30秒ぐらい遅かったので、風の影響がだいぶあったかなと思います」(山本佑樹駅伝監督)

個々のタイムには物足りなさがあったものの、最終総合タイムは10時間33分22秒。総合2位の中大に4分以上の大差をつけて強さを見せつけた。

チームトップを飾った加藤は、「1年以上くすぶってきましたが、ようやくいろいろなものが身になってきたかなと思います」とにっこり笑顔を見せた。

鹿児島実高から入学し、いきなり1年目から箱根駅伝のエース区間である2区に抜てき。今年も同区間を任されており、「花の2区」に対する想いは強い。

「明治はエース区間に配置できる選手ばかりですけど、箱根2区は渡したくない。2区を任されるためには、こういうところで1位を取らないといけないと思っていました。きつい予選会は二度と走りたくないですし、後輩たちにも走らせたくありません。箱根では3年連続の2区を走って、絶対にシード権を獲得します!」と熱い言葉を吐いた。

指揮官は本戦での戦い方について、「エース区間は潰し合いになると思うので、その他の区間で攻めていきたい。特に8~10番目の力を高めたいですね。本番に向けもう一段階上げていければおもしろいと思っています」と分析。昨季は全日本で3位に躍進しながら、箱根ではシード権に26秒届かなかった。〝強い明治〟の復活へ。予選会の圧勝が新たな時代への一歩になるか。

文/酒井政人

◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地) 前回の箱根駅伝は総合11位、10000mのエントリー上位10人平均タイムは28分43秒69で予選会出場校中1位。戦前からトップ通過候補にも挙げられるほどの戦力を誇っていた明大が力強いレースを披露した。 前半は手嶋杏丞と鈴木聖人(ともに4年)がトップ集団に食らいつき、終盤は加藤大誠(3年)、児玉真輝(2年)、櫛田佳希(3年)らが実力を発揮する。 加藤がラストスパートで日本人トップの中央学大・栗原啓吾(4年)を猛追して個人9位(1時間2分47秒、日本人2番手)でフィニッシュに飛び込むと、鈴木、児玉、櫛田ら7人が個人26位以内でフィニッシュ。チーム10番目となった尾﨑健斗(1年)も個人114位(1時間4分29秒)でまとめて堂々のトップ通過を果たしたのだ。 「実力通りの走りをすれば、トップ通過できると思っていたので良かったです。予選会は集団走のイメージがあるんですけど、コース的に集団を作るのが難しい。今回はターゲットタイムを3つくらい決めて、そのペースでしっかり進めるようにしました。ただ、全体的に30秒ぐらい遅かったので、風の影響がだいぶあったかなと思います」(山本佑樹駅伝監督) 個々のタイムには物足りなさがあったものの、最終総合タイムは10時間33分22秒。総合2位の中大に4分以上の大差をつけて強さを見せつけた。 チームトップを飾った加藤は、「1年以上くすぶってきましたが、ようやくいろいろなものが身になってきたかなと思います」とにっこり笑顔を見せた。 鹿児島実高から入学し、いきなり1年目から箱根駅伝のエース区間である2区に抜てき。今年も同区間を任されており、「花の2区」に対する想いは強い。 「明治はエース区間に配置できる選手ばかりですけど、箱根2区は渡したくない。2区を任されるためには、こういうところで1位を取らないといけないと思っていました。きつい予選会は二度と走りたくないですし、後輩たちにも走らせたくありません。箱根では3年連続の2区を走って、絶対にシード権を獲得します!」と熱い言葉を吐いた。 指揮官は本戦での戦い方について、「エース区間は潰し合いになると思うので、その他の区間で攻めていきたい。特に8~10番目の力を高めたいですね。本番に向けもう一段階上げていければおもしろいと思っています」と分析。昨季は全日本で3位に躍進しながら、箱根ではシード権に26秒届かなかった。〝強い明治〟の復活へ。予選会の圧勝が新たな時代への一歩になるか。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top