月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

トップ通過の明大 学内1位の加藤は3年連続「花の2区」出走に意欲/箱根駅伝予選会

◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地)

前回の箱根駅伝は総合11位、10000mのエントリー上位10人平均タイムは28分43秒69で予選会出場校中1位。戦前からトップ通過候補にも挙げられるほどの戦力を誇っていた明大が力強いレースを披露した。

前半は手嶋杏丞と鈴木聖人(ともに4年)がトップ集団に食らいつき、終盤は加藤大誠(3年)、児玉真輝(2年)、櫛田佳希(3年)らが実力を発揮する。

加藤がラストスパートで日本人トップの中央学大・栗原啓吾(4年)を猛追して個人9位(1時間2分47秒、日本人2番手)でフィニッシュに飛び込むと、鈴木、児玉、櫛田ら7人が個人26位以内でフィニッシュ。チーム10番目となった尾﨑健斗(1年)も個人114位(1時間4分29秒)でまとめて堂々のトップ通過を果たしたのだ。

「実力通りの走りをすれば、トップ通過できると思っていたので良かったです。予選会は集団走のイメージがあるんですけど、コース的に集団を作るのが難しい。今回はターゲットタイムを3つくらい決めて、そのペースでしっかり進めるようにしました。ただ、全体的に30秒ぐらい遅かったので、風の影響がだいぶあったかなと思います」(山本佑樹駅伝監督)

個々のタイムには物足りなさがあったものの、最終総合タイムは10時間33分22秒。総合2位の中大に4分以上の大差をつけて強さを見せつけた。

チームトップを飾った加藤は、「1年以上くすぶってきましたが、ようやくいろいろなものが身になってきたかなと思います」とにっこり笑顔を見せた。

鹿児島実高から入学し、いきなり1年目から箱根駅伝のエース区間である2区に抜てき。今年も同区間を任されており、「花の2区」に対する想いは強い。

「明治はエース区間に配置できる選手ばかりですけど、箱根2区は渡したくない。2区を任されるためには、こういうところで1位を取らないといけないと思っていました。きつい予選会は二度と走りたくないですし、後輩たちにも走らせたくありません。箱根では3年連続の2区を走って、絶対にシード権を獲得します!」と熱い言葉を吐いた。

指揮官は本戦での戦い方について、「エース区間は潰し合いになると思うので、その他の区間で攻めていきたい。特に8~10番目の力を高めたいですね。本番に向けもう一段階上げていければおもしろいと思っています」と分析。昨季は全日本で3位に躍進しながら、箱根ではシード権に26秒届かなかった。〝強い明治〟の復活へ。予選会の圧勝が新たな時代への一歩になるか。

文/酒井政人

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com