月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪失格のオカグバレ別検体からも禁止物質、3つのドーピング検査違反


10月7日、AIU(アスリート・インテグリティー・ユニット、世界陸連の独立不正監査機関)は女子短距離・走幅跳のB.オカグバレ(ナイジェリア)にドーピング違反があったことに関する文書を発表した。

オガグバレは禁止物質にされているヒト成長ホルモン、EPO(エリスロポエチン)の所持・使用と、調査協力の拒否で告発されている。今夏の東京五輪女子100mに出場していたオガグバレは、開催期間中の7月30日にヒト成長ホルモンの陽性で暫定処分を受け、予選を通過したもののその後失格となり準決勝に姿がなかった。また、6月20日のサンプルからもEPOが検出され、AIUは8月12日に当該サンプルの分析結果を受領、8月20日に本人に通知していた。

ドーピング規則に基づき、9月15日までに調査協力(関連記録の提出等)が要請されていたが、オカグバレはこれにも応えていなかった。本人はすべての嫌疑を否定しており、懲戒審判所(Disciplinary Tribunal)での審理を求めている。

オカグバレは2008年北京五輪の走幅跳では銀メダルを獲得。13年モスクワ世界選手権では走幅跳で銀メダル、200mで銅メダルを獲得するなど短距離と走幅跳で複数回の五輪・世界選手権入賞経験がある。現在はラナ・レイダー氏がコーチを務める米国フロリダ州のトレーニンググループに英国のA.ジェミリらとともに所属している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com