月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

出雲駅伝のエントリー駒大・田澤、順大・三浦ら順当 青学大・岸本、東洋大・宮下が外れる


三大駅伝の一つ、第33回出雲駅伝が10月10日に開かれる。昨年はコロナ禍で中止となっているだけに、2年ぶりの開催。そのエントリー選手がすでに発表されている。

昨年度、全日本大学駅伝、箱根駅伝の2冠を達成した駒大は、エースで主将の田澤廉(3年)、鈴木芽吹、唐澤拓海という2年生コンビらが順当にエントリー。日本インカレで好走した1年生の篠原倖太朗も名を連ねた。

それを追う一番手と言える青学大は、主将の飯田貴之(4年)や、5000m・10000mでチーム記録を更新した近藤幸太郎(3年)、昨年1年生ながら駅伝シーズンで躍動した佐藤一世(2年)らが登録。一方、1年時の箱根駅伝でインパクトを残した岸本大紀(3年)はケガが長引き、レースには復帰しているものの出雲はメンバー外となった。

早大は太田直希(4年)、中谷雄飛(4年)、井川龍人(3年)という10000m27分台トリオら主力がエントリー。関東インカレ1500m入賞の石塚陽士、5000m高校歴代3位の記録を有する伊藤大志といった1年生も登録されている。19年優勝の國學院大は主将の木付琳、島崎慎愛、殿地琢朗、藤木宏太の中心となる4年生が主要区間を担いそう。

東京五輪3000m障害入賞の三浦龍司(順大)、東京国際大の最強留学生イェゴン・ヴィンセント(3年)ら有力ランナーもしっかりと名を連ねている。

一方、上位を狙うチームの中でケガのためエース格が外れている。東海大の石原翔太郎(2年)がメンバー外。東洋大は主将の宮下隼人(4年)と松山和希(2年)が登録から外れた。

駅伝シーズン開幕を告げる出雲駅伝は、10月10日、12時5分に号砲が鳴る。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com