月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

川内優輝がボストンマラソン欠場を発表 左膝痛め「完走できる見込みがない」


男子マラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が自身のSNSを更新。11日のボストンマラソンを欠場すると発表した。

川内は「トレーニング中に転倒した際に左膝の靱帯を痛めました」とつづり、「現在も歩行に支障があり、走る以前の状態」とし、「現在の状態では完走できる見込みがないため出場を断念しました」と明かす。

2018年のボストンで、川内は日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの優勝。今大会は招待選手として「半年以上も打ち合わせを重ねてきた」というだけに、「情けなく、申し訳なく思います」と心境をつづった。

これまで多くの海外マラソンを経験しているが、コロナ禍でなかなか出場に至らず。国内でもロードレースが軒並み中止となるなか、トラックレースに積極的に出場。ボストンに出場すれば約1年9ヵ月ぶりの海外レースとなる予定だった。川内は2月のびわ湖毎日マラソンで2時間7分27秒の自己新をマークしていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com