月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪入賞の大迫傑さん 引退後のマラソン界「力のある若い選手がたくさんいる」ワクチン接種も推奨


会見に登壇した徳光和夫さん、大迫傑さん、ディップ株式会社の冨田英揮代表取締役社長兼CEO(オフィシャル提供写真)

東京五輪男子マラソンで6位入賞し、現役を引退した大迫傑さんが10月1日、ディップ株式会社(冨田英揮代表取締役社長兼CEO)が提案する「ワクチンインセンティブプロジェクト」のアンバサダー就任記者発表会に登壇した。

会見の中で東京五輪のレースについて「42.195kmという中で、いかに自分の100%を出すかを冷静に考えて走っていた」と振り返った大迫さん。コロナ禍で大会が延期になった際も「多くのアスリートが苦労したと思うが、頑張っている姿を見せることが重要だと思った」と語った。また、引退を決意した理由を聞かれ、「海外で活動する中で新しいことに挑戦したい気持ちがあった」と答えた。

先月27日には自ら立ち上げた株式会社『I(アイ)』の代表取締役に就任したことを発表しており、今後は現役時代の経験を生かして育成事業やアスリートマネジメント事業、地域活性化事業などを手がける予定。世界で戦える選手を育成するプログラム「Sugar Elite」では全国10都市を回ったという。司会を務めた徳光和夫さんから「大迫さんが引退した後のマラソンが心配」とマラソン界の今後について話題が及ぶと「力のある若い選手がたくさんいて、これからが楽しみ。そういった選手たちもサポートしていきたい」と展望を語った。

「ワクチンインセンティブプロジェクト」は、アルバイト・パート求人サイト『バイトル』などを運営する株式会社ディップが推進している活動で、新型コロナワクチンを接種した従業員への手当を支給。同社が運営する「バイトル」など求人情報各サイトでも「新型コロナワクチン接種の支援がある企業特集」を実施し、ワクチンインセンティブに積極的な企業情報を求職者に提供している。東京五輪前に新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終えたという大迫さんは「ワクチンを接種することで、自分も他人も守ることができるということを、この活動を通して伝えていきたい」と話した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com