月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

早大駅伝主将・千明龍之佑と千葉大院の今江勇人がGMO内定「五輪メダル獲得とニューイヤー駅伝優勝を」


GMOインターネットグループは1日、早大駅伝部主将の千明龍之佑と千葉大大学院工学研究院を修了する今江勇人(千葉大)の所属内定を発表した。

東農大二高(群馬)出身の千明は、高3のインターハイ5000mで8位入賞、同年の国体5000mも8位。早大入学後は1年から3年連続で箱根駅伝を走り、今年6月の日本選手権では5000mで学生トップの8位に入賞した。自己ベストは5000mが13分31秒51、10000mは29分00秒57。千明は「素晴らしい監督、チームメート、スタッフの皆さんと競技できること、とても嬉しく思います。オリンピックでのメダル獲得、そして、ニューイヤー駅伝での優勝を目標にがんばります」とコメントした。

一方、今江は宮城県下の進学校でもある仙台三高出身。高校時代は3000m障害で東北大会に出場したが、全国出場の経験はなく、千葉大工学部へ進学。大学4年時の日本インカレは3000m障害で2位、今年9月の日本インカレは5000mで6位に入る“文武両道ランナー”だ。自己ベストは5000mが13分46秒84、10000mは28分53秒36。今江は「充実した環境の中、尊敬するチームスタッフや先輩方と競技ができることに嬉しさを感じると同時に、今後は実業団選手、社会人として責任感が伴うということで身の引き締まる思いであります。チームポリシーである『No.1』にふさわしい活躍ができるよう日々精進してまいります」とコメントした。

GMOインターネットグループは花田勝彦氏が監督を務め、ドーハ世界陸上のマラソン代表の山岸宏貴、青学大出身で昨年の福岡国際マラソン優勝の吉田祐也などが所属。初出場となった昨年のニューイヤー駅伝は5位入賞した。

千明龍之佑コメント
「2022年度からGMOインターネットグループに所属し競技を継続することになりました。 素晴らしい監督、 チームメイト、 スタッフの皆さんと競技をできること、 とても嬉しく思います。 オリンピックでのメダル獲得、 そして、 ニューイヤー駅伝での優勝を目標にがんばりますので、 応援のほどよろしくお願いいたします」

今江勇人コメント
「来年度からGMOインターネットグループに所属し競技をさせていただくことになりました。 充実した環境の中、 尊敬するチームスタッフや先輩方と競技ができることに嬉しさを感じると同時に、 今後は実業団選手、 社会人として責任感が伴うということで身の引き締まる思いであります。 チームポリシーである『No.1』にふさわしい活躍ができるよう日々精進してまいりますので、 応援のほどよろしくお願いします 」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com