月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全日本大学女子駅伝の出場校選出方法が来年から見直しへ 新たに「アディショナル枠」を導入

日本学生陸上競技連盟(以下、日本学連)は9月30日、来年の第40回全日本大学女子駅伝における出場校選出方法を変更すると発表した。

上位8チームに与えられる「シード枠」、9位~17位に入ったチームの所属する地区に与えられる「成績枠」は変更なし。残り8枠は従来であれば「基本枠」として全8地区に1枠ずつ振り分けられていたが、新方式では成績枠で出場権を確保できなかった地区にまず1枠が分配され、残りは5000m6名の合計タイム(当該年度内のタイム)で決定する「アディショナル枠」が設けられることとなった。

選出方法の変更に至った理由としては、日本学連は以下の3点を挙げている。

・シード枠および成績枠で複数校が出場する地区学連において、基本枠で出場する大学の競技力が極端に劣る傾向がみられる。
・地区によっては、出場枠数と予選会出場校がほぼ同じ場合がある。
・宮城県警から、繰り上げスタートとなる大学数を減らすことを強く求められている。

アディショナル枠で選出されるには、各地区で設けられた予選会に出場することが義務づけられている。各地区学連の出場枠は最大で15(シード枠・基本枠・成績枠の合計)とされ、仮に出場枠が規定数を超えた地区学連は、超過分の成績枠を18位チームの所属する地区学連に譲ることとなる。

従来の方式では、本大会で17位以内に入れば、翌年は「成績枠」と「基本枠」で最低でも地区代表を2枠確保できた。しかし、新方式では17位以内で「成績枠」を確保したとしても、必ず2枠目を押さえられる保証はない。非シード校は例年よりも5000mの記録強化が必要になっていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com