月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mH東京五輪代表の山内大夢 来春、東邦銀行へ「地元福島でより一層頑張りたい」


東邦銀行は10月1日、来季の加入予定選手として、男子400mハードルで東京五輪に出場し、準決勝に進出した山内大夢(早大)と、女子中距離の中村美宇(福島大)の新加入を発表した。

山内は福島県出身。会津高を卒業して早大へ。両親とともにハードラーとして地元では知られる。早大4年の今季は飛躍のシーズンとなり、5月に東京五輪の参加標準記録を突破する48秒84をマークすると、日本選手権で4位に。東京五輪代表に選出されると、3人が出場した中でただ1人、準決勝へ進出した。9月の日本インカレでは初優勝。山内は自身のSNSを更新し「地元福島で競技を続けられることに感謝して、より一層頑張りたいと思います」と決意を綴った。

東邦銀行は、これまで千葉麻美(400m日本記録保持者)など数多くの女子スプリンターを育ててきた川本和久氏が監督を務める。現在は吉田真希子コーチ、天下谷真弓(旧姓・渡辺)コーチという指導体制。所属選手は100mハードルの紫村仁美や400mの松本奈菜子ら、現在も女子選手が中心だが、男子は田代優仁(ハードル)と馬場優純(走幅跳)の2選手が在籍している。

中村は郡山東高出身。今年の日本選手権800mでは8位に入っている。東邦銀行は「福島県出身の2名を迎え、より一層、チーム力を高めていけるよう精進してまいります」とコメントしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com