月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子3000mSCアジア大会4位の篠藤淳が引退 08年箱根駅伝ではMVPも獲得

日本選手権(2006年、14年)を2度制するなど男子3000m障害を中心に活躍してきた篠藤淳(山陽特殊製鋼)が、9月25日の全日本実業団対抗選手権で現役を引退した。現役ラストレースは8分49秒70で7位入賞だった。

篠藤が一気に頭角を現したのは中央学大在籍時。大学3年時の日本選手権では、3000m障害で当時5連覇中だった岩水嘉孝(当時・トヨタ自動車、現・資生堂監督)を破り、初の日本一に輝いた(岩水は、翌年から再び3連覇しており、この大会で優勝していれば9連覇になっていた)。さらに、大学駅伝でも活躍。特に、主将としてチームを牽引した大学4年時には、箱根駅伝で9区を担い区間新記録を樹立。3人を抜き、6位から3位まで順位を押し上げて、チーム過去最高順位となる3位入賞の原動力になった。篠藤はこの活躍で、この大会の金栗四三杯(MVP)にも輝いた。なお、9区の区間記録は今なお破られていない。

実業団の山陽特殊製鋼に進んでからは、2014年の仁川アジア大会で初めて日の丸を付けて、3000m障害で4位入賞を果たしている。

篠藤は、昨年11月に35歳にして5000mで13分58秒67と自己記録を樹立。今季も、5月の関西実業団で3000m障害優勝、4月の兵庫リレーカーニバル2000m障害で4位に入るなど、コーチ兼任として現役を続行しながら結果を残し続けてきた。惜しまれつつの現役引退となるが、今後はコーチに専任し、後進の育成に当たる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com