月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2022年の日本選手権、会場は2年連続で大阪・長居 6月9日から4日間開催


日本陸連は9月29日、2022年度の日本選手権の会場を発表した。27日に発表された競技日程で会場未定としていた6月9日から12日に行われる第106回日本選手権(兼第38回U20日本選手権)の会場は、大阪・ヤンマースタジアム長居で実施。21年に続いて2年連続の開催となる。

なお、すでに発表されている通り、6月4日、5日の日本選手権・混成競技は秋田・県営陸上競技場で開催。また、5月7日に予定されている日本選手権10000mの会場については調整中としている。

2022年7月には米国・ユージンで世界選手権が行われ、その選考会となる見込みだ。

【関連記事】
2022年度の主要競技会日程を発表 日本選手権は例年より2週間早い6月9日~12日、10000mは来年も5月に分離開催



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com