HOME ニュース、国内

2021.09.28

大迫傑「追求し続けてしまったらキリがない」引退と今後について正式発表
大迫傑「追求し続けてしまったらキリがない」引退と今後について正式発表


 東京五輪男子マラソン6位入賞の大迫傑(Nike)が9月28日、契約するナイキ社が実施したオンラインでの合同取材で今の心境を語った。

「ラストレースにします」と公言して臨んだ東京五輪での熱走を終えて約1ヵ月半、子供たちに夢をかなえるために大切なスキルや考え方を伝えるプロジェクト「Sugar Elite Kids」を全国的に展開したり、自身の経験から得た知見をたくさんの人たちに届けることを目指して株式会社Iを設立するなど、「いい意味で振り返る暇がない」と言うほど精力的に活動してきた。

 それでも、きっぱりと言い切れることがある。

「(東京五輪は)自分の集大成。インタビューで自分の100%出し切れたと言いましたが、本当に出し切れたレースだった」

選手としてやり残したことがあったのかという質問に対しては、「追求し続けてしまったらキリがないし、どこかでしっかりと1つの物語の終わりを作ることは大切なのかなと思った」と、現役生活を完全燃焼したことを強調。引退を正式に発表した。

 ただ、「終わりと言いましたが、実は終わりというわけではない。これをスタートにして、自分が今までがんばってきたことの延長線上で新しくやりたいことがたくさんできてきた。そこに注力していくのもいいかなと思っている」。それが、現役ラストラン後の活動へとつながっている。

 引退を決めたのは、「一昨年ぐらいから少しずつ考え始めていた」そうだが、最終的に決断をしたのは7月29日にSNS上で発表した「2週間ぐらい前」だった。

 その理由は、「東京オリンピックって、多くの選手にとって大きな大会。そこに向けて全力を尽くすというか、言い訳を作れるような環境を捨てて“オールダイブ”することが自分にとってかっこいいと思ったのが1つ。あとはアメリカやケニアに行ったり、日本でいろんな人とお会いする中で、陸上というフィルターを通してこんなことをやっていったら楽しいんじゃないか、という新しい興味も出てきた」こと。そのほかにも理由はいくつかあるが、「いろんなことを考えた時に、今辞めるのが自分にとって一番きれいなんじゃないか」と考え、決断に至った。

 長野の名門・佐久長聖高では駅伝日本一となり、早大では学生長距離界のスーパースターへ。卒業後は実業団を経てプロランナーとなり、米国やケニアなどを練習拠点としてきた。5000mで13分08秒40の日本記録を2015年に樹立。16年リオ五輪には5000m、10000mに出場した。マラソンでは18年のシカゴ(2時間5分50秒)、20年東京(2時間5分29秒)と日本記録を2度樹立している。

 その輝かしいキャリアの中でも分岐点になったのは、「アメリカに行ったことが大きい」と話す。

「あそこの一歩を踏み出せたことで世界が大きく変わって、今まで見えなかったことが急に見え始めた。もちろん大変ではあったけど、それ以上にワクワクのほうが優った。そこからいろんな方にお会いして、刺激を受けて、それをアウトプットできるような仲間にも恵まれて、いい循環が起きたのはアメリカに行ったから。アメリカでなくても良かったのかもしれないけど、自分の世界から一歩踏み出せたことが大きかったと思う」

 思い出深いレースには「東京オリンピック」を挙げた。「やはり自分の現役ラストのレースになったことと、本当に100%出し切れたので、100%肯定して終われた」。

 そして、長距離界を大きく変えた厚底レーシングシューズについても「ヴェイパーフライ4%が出てきて、(自分も)そのタイミングでマラソンにデビューした。ストーリー性を感じる」と、強い思い入れを口にした。

 今後については「Suger Elite」を通した後進の育成やランニングを通した地域活性化など、さまざまな取り組みにチャレンジしていく。未来のアスリートたちのためにも「走るだけじゃない、結果を残すだけじゃない2つ目の価値」を自身の経験を通して伝えていくほか、「スポーツを通してどう地域と向き合い、その地域が持っている課題をスポーツの力で解決していく」という思いもある。また、ランニングとの関わりについては「楽しく走っていけたらいい」と、趣味として続けていくことも明かした。

 日本のトップランナーたちには「1人では到達できるところに限界がある。世界と戦うためにはチームの枠にとらわれるのではなく、速い選手たちが集まって切磋琢磨して世界と戦っていけるような雰囲気が必要」と訴えた。

 日本長距離界に大きな足跡を残した大迫。その道のりは、まだ始まったばかりなのかもしれない。

 東京五輪男子マラソン6位入賞の大迫傑(Nike)が9月28日、契約するナイキ社が実施したオンラインでの合同取材で今の心境を語った。 「ラストレースにします」と公言して臨んだ東京五輪での熱走を終えて約1ヵ月半、子供たちに夢をかなえるために大切なスキルや考え方を伝えるプロジェクト「Sugar Elite Kids」を全国的に展開したり、自身の経験から得た知見をたくさんの人たちに届けることを目指して株式会社Iを設立するなど、「いい意味で振り返る暇がない」と言うほど精力的に活動してきた。  それでも、きっぱりと言い切れることがある。 「(東京五輪は)自分の集大成。インタビューで自分の100%出し切れたと言いましたが、本当に出し切れたレースだった」 選手としてやり残したことがあったのかという質問に対しては、「追求し続けてしまったらキリがないし、どこかでしっかりと1つの物語の終わりを作ることは大切なのかなと思った」と、現役生活を完全燃焼したことを強調。引退を正式に発表した。  ただ、「終わりと言いましたが、実は終わりというわけではない。これをスタートにして、自分が今までがんばってきたことの延長線上で新しくやりたいことがたくさんできてきた。そこに注力していくのもいいかなと思っている」。それが、現役ラストラン後の活動へとつながっている。  引退を決めたのは、「一昨年ぐらいから少しずつ考え始めていた」そうだが、最終的に決断をしたのは7月29日にSNS上で発表した「2週間ぐらい前」だった。  その理由は、「東京オリンピックって、多くの選手にとって大きな大会。そこに向けて全力を尽くすというか、言い訳を作れるような環境を捨てて“オールダイブ”することが自分にとってかっこいいと思ったのが1つ。あとはアメリカやケニアに行ったり、日本でいろんな人とお会いする中で、陸上というフィルターを通してこんなことをやっていったら楽しいんじゃないか、という新しい興味も出てきた」こと。そのほかにも理由はいくつかあるが、「いろんなことを考えた時に、今辞めるのが自分にとって一番きれいなんじゃないか」と考え、決断に至った。  長野の名門・佐久長聖高では駅伝日本一となり、早大では学生長距離界のスーパースターへ。卒業後は実業団を経てプロランナーとなり、米国やケニアなどを練習拠点としてきた。5000mで13分08秒40の日本記録を2015年に樹立。16年リオ五輪には5000m、10000mに出場した。マラソンでは18年のシカゴ(2時間5分50秒)、20年東京(2時間5分29秒)と日本記録を2度樹立している。  その輝かしいキャリアの中でも分岐点になったのは、「アメリカに行ったことが大きい」と話す。 「あそこの一歩を踏み出せたことで世界が大きく変わって、今まで見えなかったことが急に見え始めた。もちろん大変ではあったけど、それ以上にワクワクのほうが優った。そこからいろんな方にお会いして、刺激を受けて、それをアウトプットできるような仲間にも恵まれて、いい循環が起きたのはアメリカに行ったから。アメリカでなくても良かったのかもしれないけど、自分の世界から一歩踏み出せたことが大きかったと思う」  思い出深いレースには「東京オリンピック」を挙げた。「やはり自分の現役ラストのレースになったことと、本当に100%出し切れたので、100%肯定して終われた」。  そして、長距離界を大きく変えた厚底レーシングシューズについても「ヴェイパーフライ4%が出てきて、(自分も)そのタイミングでマラソンにデビューした。ストーリー性を感じる」と、強い思い入れを口にした。  今後については「Suger Elite」を通した後進の育成やランニングを通した地域活性化など、さまざまな取り組みにチャレンジしていく。未来のアスリートたちのためにも「走るだけじゃない、結果を残すだけじゃない2つ目の価値」を自身の経験を通して伝えていくほか、「スポーツを通してどう地域と向き合い、その地域が持っている課題をスポーツの力で解決していく」という思いもある。また、ランニングとの関わりについては「楽しく走っていけたらいい」と、趣味として続けていくことも明かした。  日本のトップランナーたちには「1人では到達できるところに限界がある。世界と戦うためにはチームの枠にとらわれるのではなく、速い選手たちが集まって切磋琢磨して世界と戦っていけるような雰囲気が必要」と訴えた。  日本長距離界に大きな足跡を残した大迫。その道のりは、まだ始まったばかりなのかもしれない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top