月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

三重県が6年後の国体延期開催断念 財政負担と会場確保難しく申請見送り


新型コロナウイルスの影響で今秋の開催中止が決まった三重国体について、三重県の一見勝之知事は9月22日の県議会全員協議会で、費用の追加負担や会場確保が難しいことから6年後の2027年への延期開催を断念すると表明した。

国体の今秋中止が8月26日に正式に決まったことを受けて、日本スポーツ協会の規定(6年後に延期)に基づき、三重県は9月26日期限の延期申請に向けて、競技会場がある県内の自治体など関係団体と協議を進めていた。

県によると、国体を延期した場合は6年間で約120億円の追加費用が発生。また、競技によっては現行の会場をそのまま使えないこともあり、11競技20会場の再選定が必要になる。それを受けて県外開催の場合はさらに約20~62億円が必要という。県内の自治体からは大会費用について、県の負担割合の増額を求める声が上がっていた。

一見知事は「不本意で苦渋に満ちた決断ではあるが、延期の申請を見送るべきではないかと判断した」と述べた。

国体後に開催する全国障害者スポーツ大会も実施しない。県は9月24日に開く、国体と全国障害者スポーツ大会の両大会実行委員会総会で正式に延期開催の断念を決める。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com